10億円“睡蓮”超え「バンクシーの新作」がついに火星で発見される?バンクシーの正体はマッシヴ・アタックではなく宇宙人なのか?

 匿名のグラフィティアーティスト(落書き作家)・バンクシー。匿名ながらも平和・反権力・反資本主義などメッセージ性の強い作品が共感を呼び、1990年代後半から世界中にその名を轟かせ、現在ではその絵の価値は1億円を超えている。ちなみに、バンクシーの正体はほぼ判明している。トカナの過去記事を参照してほしい。↓

「バンクシーの正体、ついに写真で収められる! バンクシー経営のホテルで佇む“マッシヴ・アタック3D”の姿がバッチリ…」https://tocana.jp/2019/05/post_95697_entry.html

 そして今回話題になっているのが、フランスの画家、クロード・モネの絵画「睡蓮」をオマージュした作品「SHOW ME THE MONET」が10億円で落札されたというニュースだ。この作品は、買い物用のカートや工事現場のコーンが捨てられる不法投棄の現場が描かれ、環境問題などを風刺しているとみられている。しかし、もっと衝撃的なニュースがあったのだ。なんと、火星にバンクシーの作品そっくりの彫像があったというのだ!これが本当であれば、マッシヴ・アタックのロバート・デル・ナジャ(3D)がバンクシーの正体という説はまやかしで、本当は宇宙人だったことになる。

 世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏は、NASA探査機が撮影した火星画像の中に、見覚えのある“ネズミ”を発見したという。それがこれだ。

10億円睡蓮超え「バンクシーの新作」がついに火星で発見される?バンクシーの正体はマッシヴ・アタックではなく宇宙人なのか?の画像1
画像は「UFO Sightings Daily」より
10億円睡蓮超え「バンクシーの新作」がついに火星で発見される?バンクシーの正体はマッシヴ・アタックではなく宇宙人なのか?の画像2
画像は「UFO Sightings Daily」より

 横になってはいるが、確かにネズミのような姿が確認できる。前脚、後脚、尻尾、耳も備えている。ここでウェアリング氏が、その類似性を主張しているのが、バンクシーの2004年の作品である「Radar Rat」である。ヘッドフォンらしきものも確認できると指摘している。

 ウェアリング氏は、火星人がバンクシーを模倣した可能性もあるとしつつ、実はバンクシーが火星にまで足を運んでいたとも示唆。

10億円“睡蓮”超え「バンクシーの新作」がついに火星で発見される?バンクシーの正体はマッシヴ・アタックではなく宇宙人なのか?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで