【未解決】冷戦下の軍事企業で不審死が連発「マルコーニ陰謀論」の闇! 溺死、感電、謎の針痕… 闇に葬られた“タブー案件”徹底解説

 かつての軍事関連ハイテク企業で社員の不審死が連続して発生していた。いったい何が起こっていたというのか。いずれも当時から特に詳しい捜査は行われておらず、謎を残したまま闇に葬り去られようとしている――。

■相次ぐ従業員の不審死

 明らかに偶然の一致では済ませられない出来事なのに、その疑問には誰も触れず、手つかずのまま放置され、忘れ去られてしまう事案は少なくない。その背後には決して触れてはならない何かが横たわっているのだろうか。

 米ソ冷戦末期の1980年代、アメリカの軍事戦略を強力にサポートしていたのはイギリスの軍事開発企業「マルコーニ・システムズ(Marconi Systems Ltd)」であった。同社は当時の最先端の兵器、航空機、戦略的防衛システムの開発に取り組み、レーガン政権の「スター・ウォーズ計画」と呼ばれる戦略防衛構想の鍵を握っていた。

 軍事機密を扱う企業であるだけに、マルコーニ・システムズの業務の実態は分厚いヴェールに包まれており、社内の様子をうかがい知る術などは皆無であった。

 しかし、それでも従業員の不審死はさすがに隠し通すことはできない。同社では6年間の活動期間の間になんと25人の従業員が自殺しており、特に1986年から1987年までの1年間には6人の従業員が続けざまに不審な死を遂げていたのだ。

【未解決】冷戦下の軍事企業で不審死が連発「マルコーニ陰謀論」の闇! 溺死、感電、謎の針痕… 闇に葬られたタブー案件徹底解説の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 まずは1986年8月5日、魚雷誘導システムに取り組んでいたエンジニアであったヴィマル・ダジバイが、吊り橋の下で死亡しているのが発見された。

 彼はロンドン近郊のワトフォードで働いていたが、かなり離れたブリストル近くのクリフトン橋の下で発見されたのだ。警察は飛び降り自殺と断定、処理して詳しい捜査は行っていない。しかし、どうしてダジバイがこのクリフトン橋までやって来て死んだのか、そしてそもそも自殺の動機が何なのか、家族や友人にもまったく見当がつかなかった。

【未解決】冷戦下の軍事企業で不審死が連発「マルコーニ陰謀論」の闇! 溺死、感電、謎の針痕… 闇に葬られた“タブー案件”徹底解説のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで