イジリー岡田超えの舌使いUMA! 世界最恐「アスワング」の凶暴さがハンパない! 子宮から胎児吸い取り、生き血飲み… !?

 世界にはモンスターの伝承が多数残されているが、その中でも特におぞましいものとして知られるのがフィリピンの「アスワング」である。狼男のように変身し、吸血鬼のように人間を襲い、ゾンビのようにその犠牲者を新たなアスワングにしてしまうという。オカルトメディア「Mysterious Universe」(10月27日付)が取り上げている。

The Aswang: Maybe the Most Terrifying Monster of All (Mysterious Universe)

イジリー岡田超えの舌使いUMA! 世界最恐「アスワング」の凶暴さがハンパない! 子宮から胎児吸い取り、生き血飲み… !?の画像1
画像は「YouTube」より引用

 一般に、アスワングは森の中に潜んで人間を襲うと考えられているが、その変身能力を使って犬や猫、鳥やコウモリなど様々な姿で現れるという。人間になって村の中に入り込むこともあり、その場合は美しい女性の姿をしていることが多いといわれている。

 アスワングは日光を恐れないが、その真の力は夜にしか発揮できないとされる。人間に変身したアスワングは昼間は物静かでおとなしく恥ずかしがり屋だが、夜になると犬などに姿を変えて人間を襲う。好物は胎児や子供の肝臓や心臓で、口の中に隠し持った長いストロー状の舌を使い、妊娠した女性の子宮から胎児を吸い取ってしまうという。人間の男と結婚して、夜な夜な夫の生き血をすすることもあるそうだ。

イジリー岡田超えの舌使いUMA! 世界最恐「アスワング」の凶暴さがハンパない! 子宮から胎児吸い取り、生き血飲み… !?の画像2
画像は「YouTube」より引用

 このモンスターの大きな特徴は高い変身能力と運動能力にある。アスワングは牙を持つ異形の犬のような姿になったり、その背中に蝙蝠の羽を生やして飛んだりと、状況に合わせて様々に姿を変える。さらに、家の屋根や高い木に軽々よじ登ったり恐ろしい速さで走ったりできる驚異的な身体能力を持つとされ、真正面から人間が退治するのは難しいのだ。

 また、アスワングに襲われて生き残った者は、自身もアスワングになってしまうと言われている。アスワングに襲われた人間は腐敗し、吐き気のするような異臭を放って、いかにも死んだようなグロテスクな見た目に変わった後、アスワングとして生き返るのだ。

イジリー岡田超えの舌使いUMA! 世界最恐「アスワング」の凶暴さがハンパない! 子宮から胎児吸い取り、生き血飲み… !?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで