下水道に棲む不気味すぎる「モンスターUMA」5選! 毛むくじゃら、半分イヌ、巨体… 開いたマンホールに近寄るな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 ビッグフットなどの霊長類型のUMA(未確認動物)はクマなどと同じように人里離れた山岳地帯に生息しているイメージがあるが、実は我々の身近に潜んでいる可能性も高いという。その場所とは下水道などの地下水路だ。

 決して目撃例は多くないものの、アメリカやイギリスでまさに身の毛のよだつUMAが目撃されている。下水道に生息していると思われるヒト型の毛むくじゃらなUMAだ。

■カリフォルニア州ブエナパーク

 1982年5月14日付の米紙「Herald Journal」に掲載された記事には、カリフォルニア州ブエナパークの下水道に駆け込んでいく身長2.4メートル(8フィート)もの全身毛むくじゃらのヒト型UMAが目撃されたと記されている。

 この怪物は人々の間でブエナフット(Buena Foot)と呼ばれ、地元警察にはブエナフットに関する問い合わせ電話が1日200件以上も寄せられたということだ。

下水道に棲む不気味すぎる「モンスターUMA」5選! 毛むくじゃら、半分イヌ、巨体… 開いたマンホールに近寄るな!の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 少なくとも5人がブエナフットを肉眼で目撃したと話しており、興味を持った2人の男性が現場の排水路を調べたところ、人間のものではない大きな足跡と手形を見つけたと報告している。また姿は見ていないが現場近くの排水溝のそばにいた人物からは、映画に出てくる恐竜の鳴き声のような咆哮が聞こえたということだ。

 この記事が掲載された翌日、この風貌怪異なUMAの姿を一目見られないものかとおよそ100人もの人々が現場に集まったが、その時は目撃されることはなかったようだ。

■イリノイ州セントルイス郊外とセンタービル

 毛むくじゃらのヒト型UMAはイリノイ州のセントルイスとセンタービルでも目撃されている。

 トロイ・テイラー氏の著書『Monsters of Illinois: Mysterious Creatures in the Prairie State』によれば、1963年5月9日の夜、地元警察に毛むくじゃらの怪物を目撃したと報告する電話が突然50件も寄せられたという。報告の1つには、その怪物に男性が襲われたという内容の電話もあった。

下水道に棲む不気味すぎる「モンスターUMA」5選! 毛むくじゃら、半分イヌ、巨体… 開いたマンホールに近寄るな!の画像2
「Mysterious Universe」の記事より

 50件もほぼ同時に目撃報告があったということは、確かに何らかの不気味なヒト型UMAが出現していたと言えるのだが、その後目撃情報は急激に減り、5月末以降はこのUMAの話はぱったりと聞かれなくなったということだ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。