【緊急】CIA右派のドンが遂に「トランプ再選」に始動、12月初めに大どんでん返しへ! 人工コロナ、不正選挙…日本も破滅へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@JamesSaito33)が斬る! 国際ニュース裏情報】

画像は「Getty Images」より引用


ジェームズ
 トランプ顧問弁護士のルドルフ・ジュリアーニが、今回の大統領選の不正に関して法廷で徹底抗戦すると宣言しました。

ルドルフ・ジュリアーニ。画像は「Wikipedia」より引用

──どのような展開が予想されますか?

ジェームズ まず、CIA右派のドンである司法長官ウィリアム・P・バーとの共闘です。バーはここ2週間消息を絶っていたのですが、その間に裏で動いていて、すでに武装した連邦政府の要員を投票所に送り込むことを決めています。徹底的に民主党の不正を摘発する構えで、こういったことをきっかけに暴動を誘発し、insurrection actを発動するつもりです。その一方で、ジュリアーニが法廷闘争ですから、完全にバーとジュリアーニの動きが連動してきました。

──以前の記事で、ジェームズさんが語っていた投票用紙の透かしの件はどうなっていますか?

ジェームズ これは「国家保護・プログラム総局(Cybersecurity and Infrastructure Agency・CISA)」という国土安全保障省傘下の組織が郵便投票にwatermarkを入れ、フェイク票との区別をできるようにしていたそうです。


──本物にはwatermark、水透かしっていうんですかね。それが入っているんですね?

ジェームズ そうです。水に浸けなくても特殊な技術を用いれば解読できるようになっています。しかもこの技術はトランプ政権のみ持っています。これが裁判で認められるとトランプの正当性が高まるでしょうね。ちなみに、CISAは2018年の中間選挙後に設立されたもので、表向きにはロシアのハッキング等のサイバー攻撃による選挙介入を防ぐことを目的に作られました。しかし、実際には民主党の投票用紙のフェイク票を暴くために作られたようです。CIA右派は極左のやることはわかっていますね。ですから、早くて12月初めには大どんでん返しがあるかもしれません。

──おぉ、これまですべてを当ててきたジェームズさんですから期待できますね!

ジェームズ 私は某国諜報機関関係者で、諜報の観点で物事を見ているだけです。諜報機関は普通、選挙の予測はあまりしませんが、今回の米国大統領選は同じ業界の知り合いが多く、選挙参謀として両陣営で活躍しているので、例外的に予測することにしました。同じバックグラウンドで思考法も共有しているので、彼らの戦略はすぐにわかりますので予測はしやすかったですよ。いずれにせよ、今回の選挙はひどすぎます。投票が終わってから郵便投票と称してフェイク票を大量に加えるなど前代未聞です。しかも、やり方が杜撰で証拠がいくつも出てましたね。

──しかし、マスメディアはまったく取り上げません。それも世界中のマスメディアが取り上げないんですよね。アメリカもイギリスもヨーロッパも。「どうなってるんだ、この世界は!」と思いました。

ジェームズ いえ、実は民主党もトランプ側の戦略を理解せずに、堂々と不正をし過ぎたためにドツボにはまっています。マスメディアもそれがわかっているので、今必死に火消しに追われているところでもあるんです。

──必死に無視してるんですね。

【緊急】CIA右派のドンが遂に「トランプ再選」に始動、12月初めに大どんでん返しへ! 人工コロナ、不正選挙…日本も破滅へ! ジェームズ斉藤のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで