【重要】トランプが選挙人311獲得で勝利する見込み! 不正票は60万超えか、結果が覆る流れを有名メディアが解説

【重要】トランプが選挙人311獲得で勝利する見込み! 不正票は60万超えか、結果が覆る流れを有名メディアが解説の画像1
画像は「Real Clear Politics」より

 混乱する米大統領選の結果だが、13日の時点でNHKは両候補の選挙人の獲得人数をバイデン氏290人、トランプ大統領217人と報道、より慎重な米政治系メディア「Real Clear Politics」もバイデン氏279人、トランプ大統領217人とし、バイデン氏が過半数を獲得したとしている。だが、反中国共産党のトランプ支持メディア「GNEWS」(13日付)は、最終的にトランプ大統領が311人の選挙人を獲得し、逆転勝利すると断言しているのだ。

 「GNEWS」によると、バイデン氏が勝利もしくは優勢となっているジョージア州、ミシガン州、ネバダ州、アリゾナ州、ペンシルベニア州、ウィスコンシン州において重大な不正があったことから、今後結果が覆るというのだ。

・ジョージア州

 ジョージア州ではバイデン氏のリードが1万4000票強という僅差のため、全ての票を手作業で再集計することを州務長官が発表した。92年から民主党はジョージア州で勝利したことがなく、共和党優勢だと見られているが、今回は大接戦を演じている。4日トランプ大統領のキャンペーンチームは、同州の投票に不正があった可能性を指摘。締切後に到着した郵便投票がいつの間にか期限内に到着したものと混ぜられていたという目撃情報があったとし、訴えを起こしている。

・ミシガン州

 ミシガン州では一夜にしてバイデン票が12万以上急に増加する現象があった。これについて、マサチューセッツ州の上院議員候補でもあるシヴァ博士は、投票集計ソフト「ドミニオン」によって、トランプ大統領の6万9000票がバイデン氏の票に変更されていたことを突き止めたという。その結果13万8000票バイデン氏が獲得することになったというわけだ。トランプ陣営はミシガン州でも提訴しており、集計の合法性が問われている最中だ。

・ネバダ州

 ネバダ州では署名が確認されていない60万以上の郵便投票があったとトランプ陣営が記者会見で指摘。これについてネバダ州の元司法長官アダム・ラクサール氏は、「Fox News」のインタビューで、署名検証率が40%も下げられていたことを明かした。署名が不確かな投票用紙でも有効票として数えられてしまっていたというのだ。

【重要】トランプが選挙人311獲得で勝利する見込み! 不正票は60万超えか、結果が覆る流れを有名メディアが解説のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで