米ユタ州の砂漠にモノリスすぎるモノリスが出現! 衝撃の画像…人類がスターチャイルドに進化する前触れか?

関連キーワード:

,

,

画像は「Daily Mail」より

 SF映画の金字塔『2001年宇宙の旅』で描かれた石柱状の物体「モノリス」。その役割は人類の進化を助長することにあったが、現実世界では進化どころか人類の愚かさがより深刻化していると言えるだろう。だが、2020年も佳境に入った今、アメリカの砂漠でモノリスすぎるモノリスが発見されたというのだ! これでやっと人類は次のステージに進むことができるのだろうか?

 英紙「Daily Mail」(11月23日付)によると、米ユタ州の砂漠で政府職員が砂の中から突き出た奇妙な一枚岩を発見したという。その物体は3〜4mもある巨大な金属で、地面にしっかりと固定されていることから、上空から落とされたものではないとされている。

画像は「Daily Mail」より
画像は「Daily Mail」より

 発見は完全に偶然だったそうだ。当時、野生生物資源局の職員らはビッグホーンと呼ばれる巨大な角を持つヒツジの生息数を数えるために、ヘリコプターで砂漠上空を飛行していたという。ヘリを操縦していたパイロットによると、同乗していた生物学者の1人が、謎の物体を発見し、「うわ、うわ、うわ、後ろを見て、見に行かないと!」と、パイロットに来た道を引き返すよう要請したそうだ。

 そして見つけたのがこのモノリスである。職員らは「もし一人が突然姿を消してしまったら、みんなで逃げよう」と冗談を言い合っていたそうだが、現在のところ失踪者は出ていない。

米ユタ州の砂漠にモノリスすぎるモノリスが出現! 衝撃の画像…人類がスターチャイルドに進化する前触れか?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル