【衝撃】東京上空に漆黒の直方体「モノリス型UFO」出現! 高速で震えながら発光、空間に歪みも… 戦慄の解析結果!

 一瞬の事だった。自動観測ロボ「SID-1」が何かを検知し、システムが覚醒。超高速メモリー上に記録された数十秒の動画の、たった1フレームにその謎の物体は記録されていた――。

■驚愕の漆黒物体出現!

 問題の物体は、漆黒の直方体あるいは円柱のように見える。まるで秘密の宇宙防衛計画「ソーラー・ウォーデン」プロジェクトの宇宙艦隊、超弩級クルーザ母船にそっくりではないか。いや、アーサー・C・クラークとスタンリー・キューブリック監督の名作映画『2001年宇宙の旅』に登場する漆黒の石板「モノリス」が実在したのか!? というのが画像を見た時の第一印象だった。

 2019年10月26日12時21分35秒、西南西の方角に出現した空飛ぶ漆黒の直方体。当時の天候は晴れ、気温21.4度、風速1.9m/s、風向は南南東であった。

 では画像をご覧いただこう。

【衝撃】東京上空に漆黒の直方体「モノリス型UFO」出現! 高速で震えながら発光、空間に歪みも…  戦慄の解析結果!の画像1


■謎の比率

  秋晴れの東京上空に突然出現した驚異の漆黒モノリス。その縦横比は6.3:1だが、残念ながら映画のモノリスは縦横比が2.25:1で異なっている。また、直方体の辺・面の対角線・直方体の対角線の長さが全て自然数で構成される5.45:1の「完全直方体」と呼ばれる形状とも異なるようだ。

【衝撃】東京上空に漆黒の直方体「モノリス型UFO」出現! 高速で震えながら発光、空間に歪みも…  戦慄の解析結果!の画像2
モノリスのイメージ。

 

 たまたま調べていくうちに発見したのだが、釣り用リールのギア比が6.3:1のものが多いらしい。まったく関係ないと思うが、偶然の一致だろう。

 しかし、とにかく不思議なユニークな比率を持つ漆黒の物体が一瞬、東京上空に出現して消滅したのは事実である。

【衝撃】東京上空に漆黒の直方体「モノリス型UFO」出現! 高速で震えながら発光、空間に歪みも… 戦慄の解析結果!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで