民主の女神・周庭も危ない! 香港デモ参加の16歳少女が拘留中に4人の警察官に集団レイプ→中絶! 毎日強姦・薬物地獄の可能性も…

民主の女神・周庭も危ない! 香港デモ参加の16歳少女が拘留中に4人の警察官に集団レイプ→中絶! 毎日強姦・薬物地獄の可能性も…の画像1
Agnes Chow 周庭(Twitter)」より

 昨年6月に行われた香港民主化の大規模デモを無許可で煽動したとして周庭(23)、黄之鋒(24)、林朗彦(26)ら3人の民主活動家が収監された。12月2日に判決が出る見通しだが、特に民主の女神と言われる周庭(アグネス・チョウ)さんは、日本語が堪能であることや日本文化の理解が深いことから、我が国での知名度が高く、今回の収監に対して不安や心配を口にする日本国民も少なくない。周庭さんの公式ツイッターアカウントでは、面会した友人らが預かった本人の言葉が掲載されているが、収監から7日目となった今月29日には「精神状態がよくありません」、「体の調子が悪い」と口にしていたそうだ。

 すでに過酷な状況にいることが予想されるが、今後さらに恐ろしい出来事が彼女を襲うかもしれない。

トカナでも報じたように、昨年のデモに参加した当時15歳の少女が香港警察に身柄を拘束された後、性的暴行を加えられて殺害された疑いが浮上しているように、拘置所内で警察官が女性のデモ参加者を強姦する事件が続発している恐れがあるのだ。

民主の女神・周庭も危ない! 香港デモ参加の16歳少女が拘留中に4人の警察官に集団レイプ→中絶! 毎日強姦・薬物地獄の可能性も…の画像2
画像は「getty images」より

 さらに米国に本部を置く中国語ニュースサイト「大紀元」日本語版(2019年11月11日付)によると、昨年デモに参加した当時16歳の少女が拘留中に4人の警察官に輪姦され妊娠、中絶していたと報じている。少女は中絶胎児のDNAサンプルを証拠として提出し、訴えを起こしていたが、仏ニュース「France 24」(5月13日付)によると、司法省は女性が「虚偽の陳述」をしたとして、逆に少女に対して逮捕状を出したという。その理由は検察が入手した証拠が少女の証言と矛盾するからだというが、少女も少女の弁護士も検察側が主張する証拠に一切アクセスできていないそうだ。また、病院勤務職員が管理しているというウェブサイト「HA Secrets」では、実際に16歳の少女が強姦され、病院で中絶手術を受けていたことが明らかにされている上、台湾や韓国のメディアも病院や警察官から裏を取っているという。

民主の女神・周庭も危ない! 香港デモ参加の16歳少女が拘留中に4人の警察官に集団レイプ→中絶! 毎日強姦・薬物地獄の可能性も…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル