【独占インタビュー】米大統領選の不正内幕暴露の24歳伊啓威氏が語る「ディープステート、メディアの買収、トランプの未来とコロナワクチン…」

 中国共産党が米大統領選に干渉していたことを示す証拠を動画で公開した男がいる。動画には、中国で印刷された大量の偽米大統領選投票用紙をもつ工場のオーナーとの会話が録音されており、「顧客からもらったミシシッピ州やフロリダ州、ノースカロライナ州の投票用紙のサンプルから偽造を投票用紙を作成」したことや「カナダとメキシコを経由してアメリカに届ける」など輸送法についての暴露が含まれていた。

 

 この動画の撮影者は伊啓威氏(イ・ケウェイ、英語: Vinness A Ollervides)24歳だ。彼は、日本語、英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、満州、広東語、韓国語を含む8つの言語を操り、満州王族の末裔で共産党の幹部だった祖父を持つ。父親は元国有銀行幹部で、習近平政権の反腐敗運動で投獄された後、2016年に死亡。亡き父の意思を受け継いだ伊啓威氏は現在、満州やチベット、台湾を支援し、自由と民主化を訴えるなどし、中国当局からブラックリストに載せられている。また、旧満州国皇帝・愛新覚羅溥儀と血縁関係があるという。

 伊啓威はどのようにして中国共産党による偽造投票用紙作成の事実を知ったのか。そして共産党の真の目的とはいったい何なのか――。現在カリフォルニアで不動産業を中心に複数のビジネスを手掛ける彼が、自宅から流暢な日本語と時折英語を交えながら、トカナのインタビューに答えてくれた。

<前編「中国の闇・買われまくる日本の土地」はこちら>

――中国は世界の掌握を目指しているのでしょうか。

伊啓威
 いや、ナンバーワンではなくて、インフルエンサーを目指しているといった方が的確かな。すべての国に影響を与えようとしているよ。

――米民主党はなぜ中国と組むのでしょうか。

伊啓威 グローバリズムを推し進めるうえで利害が合致しているんだよ。米民主党を支えるのは欧米で大企業を抱える財閥だよね。そんな彼らにとって、市場が拡大すれば利益も上がるからグローバリズムに賛成した方が得でしょ。世界のマーケットの中心は中国だし、その中国とビジネスをするためには共産党と仲良くすることが必須だから、自然な流れだよ。

 

――あなたも共産党に入ればもっとお金を稼ぐことができたのでは?

伊啓威 私はもう十分お金があるし、共産党は面倒だし、あいつらが嫌いだから入る気はないよ。

――こんなに暴露して、命の危険はないのでしょうか。

伊啓威 一応、屈強な黒人のボディガードもいるけど、そんなに危険はないね。僕は、子供のころからたくさんの大物たちに囲まれていたから、味方もいるし、一応大丈夫だよ。

――人によっては消されることも?

伊啓威 あー、いるいる。いっぱいいるよ、そんなの。あいつらのルールは滅茶苦茶だから。

――1月20日までにトランプが勝つ可能性はあるの?

伊啓威 シドニー・パウエルとも連絡とってるけど、まだ勝つ可能性はありますね。証拠も挙がっていると聞いているよ。

――ちなみに、トランプ大統領選の際にはアメリカのオールドメディアがこぞってバイデンを支持していましたけど、メディアは中国に買収されているの?

伊啓威 いやいや、中国人ではなくて、アメリカの裏ボスたちが買収しているんだよ。

――裏ボス?

伊啓威 財閥たちのことさ。大企業を抱える欧米の財閥は中国人と仕事がしたいから、グローバリズムを推し進めたいわけ。で、そんな彼らがメディアを買収しているからトランプ批判をするの。敵の敵は友ってことよ。欧米の財閥と中国はズブズブなの。

――いわゆるロスチャイルド家とか?

伊啓威 (笑)それは、都市伝説。たったひとつの家族が世界をコントロールすることなんて不可能だよ! もっと色々リストがあるんだ。僕はそのリストも持っているよ。彼らがみんなして世界をグローバル化に向かせているんだよ。

【独占インタビュー】米大統領選の不正内幕暴露の24歳伊啓威氏が語る「ディープステート、メディアの買収、トランプの未来とコロナワクチン…」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで