また消えた昭和の風景「米軍厚木基地専用線」廃線マニア垂涎の“レール”が残された最期の駅とは?


 相模鉄道大塚駅構内(神奈川県大和市)から専用線で在日米軍厚木基地に航空燃料輸送を行なっていた米軍厚木基地専用線(廃線)のレールの撤去作業が進み、廃線マニアや懐古マニアなどから悲鳴が上がっている。

 米軍厚木基地専用線は、神奈川県大和市にあることも手伝って「毎日行ける廃線跡」として人気があった。地元の鉄道マニアも時間があると通って写真を撮っていた場所だ。

「米軍厚木基地専用線は、自分が物心ついたときには廃線になっていました。家からさほど遠くないところにあるので、気が向くと足を運んでいた場所です。よく写真も撮りました。ところが今年になってから、どんどんレールが撤去されていくようになってビックリしました。なかなか風情もあったので残念です。最近は各地から鉄道マニアも来ていましたね。800メートルほどの専用線ですが、昭和の香りが漂うこの路線は、自分にとって心のオアシスのようなものでした。今は某鉄道で駅員をやっていますが、廃線跡にはロマンがありますよね。ちょっとでもいいので残してもらいたかったですね。『昭和の風景』がまたひとつ消えました」(座間市在住の鉄道マニアの男性)

 米軍厚木基地専用線を使って運ばれていたのは、タンク車に使用するジェット燃料。タンク車を牽引していたのは、レトロ感のあるED10という旧型の電気機関車だ。トレーラーなどでの運搬に切り替わったことによって、1998年9月に輸送業務が終了した。そして、2017年6月30日には、日米合同委員会で「軌道及びその他雑工作物」の日本返還が決まったとみられる。もともと、この専用線はアメリカのものだったのだ。

 第二次世界大戦が終わってからは、相鉄線に沿うような形で航空燃料用パイプラインが設置されていた時期もあったとされているが、設備が貧弱だったことから、後に撤去されていたようだ。

 大塚駅を出てからは、住宅の軒下をすり抜けるように走っていた米軍厚木基地専用線。途中にいくつもの踏切があった。最近は、ここが「駐車場」になっていたこともある。また、数か月前までは、警報機や遮断機、標識などがしっかりと残っていた。「廃」好きには、とてもたまらない光景だったのだ。

 さらに住宅の軒下を越えてしばらく走って行くと、東名高速の上を鉄橋で横切る。この橋は、自動車が走る橋がすぐ隣にあり、直線ストレートになっているので、現役時代は、全編成を写し込むには格好のポイントだった。

 終戦から70余年、廃線跡とはいえ米軍厚木基地専用線が残されていたことには驚きを隠せない。まだ大塚駅付近には、レールが残されている。興味のある人は行ってみよう。

文・写真=酒井透

●酒井透(さかい・とおる)
写真週刊誌「FOCUS」(新潮社/休刊中)編集部カメラマンを経て、現在、秘境・不思議スポット探検家/写真家として活動中。「FOCUS」時代には、逮捕直後の宮崎勤をスクープする。国内はもとより、これまでに50カ国あまりで取材活動を行っている。著書に『中国B級スポットおもしろ大全』(新潮社)、『未来世紀 軍艦島』(ミリオン出版)などがある。最新刊は、『軍艦島 池島 長崎世界遺産の旅』(筑摩書房/共著)。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

また消えた昭和の風景「米軍厚木基地専用線」廃線マニア垂涎の“レール”が残された最期の駅とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル