世界の本当に怖いホテル6選! 16人不可解死のセシルホテルだけじゃない、殺人件数200ホテル、悪霊…

 ストレスの限界が近づいている。広々とした空間で、思いっきり羽を伸ばしたい渇望が日増しに強まっていく。「パンデミックが去ったら、絶対に旅行に行ってやる!」と息巻く人々が筆者の周りにも少なくない。そんな本能的好奇心と刺激に飢えたツーリストに耳寄りなのが、海外で話題の猟奇的ホテルだ。

1.セシルホテル(米ロサンゼルス)

「Daily Star」の記事より

 1927年の開業以来、少なくとも16人が不可解な死を遂げている。1962年に9階の窓から身を投げたポーリーン・オットンは、通行人を巻き添えにして不幸の連鎖を引き起こした。

 また、1947年に起こった「ブラック・ダリア事件」の被害者エリザベス・ショート(享年22歳)は、事件の数日前に、セシルのバーで飲んでいたことが確認されている。その後、彼女のボディはロス近郊のレイマート公園で真っ二つに切断され見つかった。また、世紀の未解決事件エリサ・ラム事件が起きたのもここだ。

 現在は「ステイ・オン・メイン」と名前を変えてリニューアルオープンしたものの、2013年2月にも不審死が勃発。エリサ・ラムが裸でホテルの水槽に浮いているところを発見された。行方不明となって数週間後に見つかったが、それは宿泊客が「水道水が変な味がする」とクレームしたからだそう。

2.ワールド・フェア・ホテル(別名「殺人城」、米シカゴ)

「Daily Star」の記事より

 連続殺人犯H・H・ホームズは、自分が経営するホテルで200人の命を奪ったとされている。ホームズはゲストを効率よく処理するため、ガス管を部屋にこっそり配管し、中毒死させたという。出来上がった遺体は、地下室にこしらえた窯やアシッド風呂で処理するのに手間取らないよう、ダスト・シュートに投げ込んで時短に励んだという。極悪人は1896年に処刑された。

世界の本当に怖いホテル6選! 16人不可解死のセシルホテルだけじゃない、殺人件数200ホテル、悪霊…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル