ヤバすぎて“報道規制”された「ワタナベマホトの鬼畜手口」全容 少女に「修行」を課し、肛門写真&排尿動画も送らせていた!

画像は「YouTube」より引用

 元人気ユーチューバー「ワタナベマホト」こと渡辺摩萌峡容疑者が児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕された。同容疑者は1月20日に元欅坂46の今泉佑唯との婚約を発表したものの、直後に当時15歳だったAさんにわいせつ写真を要求していたことが発覚。マネジメント事務所「UUUM」から契約解除を通達された。メディアでは同容疑者の素性が報じられているが、社会部記者によると「表に出せるのは一部分。あまりにもヤバ過ぎて報道規制がかかっている」という。

 当サイトは渡辺容疑者の犯行手口の全容をキャッチ。Aさんと同容疑者の接点は昨年11月2日。渡辺容疑者がインスタグラムのストーリーに、テープで胸をグルグル巻きにして胸を隠す2人の女性の写真をアップしたのが始まりだった。同容疑者が「これをセロハンテープでやろうとしている人いませんか?」と呼びかけると、Aさんが反応。憧れの「ワタナベマホト」に近づくことができると思い、まんまと写真を送ってしまったという。

 これに渡辺容疑者が異常興奮。「セロハンテープがにくい」と返信すると、今度は少女が指で乳首を隠した写真を送ってきたためエスカレート。隠語を用いて「“くぱぁ”の写真を撮って送って」などと指示して、わいせつな写真を送らせた。

 ぬかりない渡辺容疑者は悪事がバレることを危惧し、Aさんに学生証と“くばぁ写真”を並べたものを送るよう指示。困惑するAさんに「できないなら(関係も)終わることになる」と通達し、従わせた。

 止まらない渡辺容疑者はAさんに対し、わいせつ画像を送ることを「修行」と称し、渡辺容疑者が希望する写真を30枚送ると「通話で言葉責め」、50枚贈ると渡辺容疑者が「近くに来た時に会える」権利を得ることができると説明した。

「Aさんは事件化するまでに計30枚くらいの写真を送った。その中には肛門や排尿動画も含まれている」(同)

 渡辺容疑者は1月22日、事情説明のため赤坂署に出頭。スマートフォンを提出したが、Aさんの写真はすべて削除して証拠隠滅を図っていた。しかし、Aさんのスマホと照合・解析した結果、写真を送信していたことが確定。さらに副産物として「Aさん以外の“ぐばぁ写真”が出てきた。こちらも18歳未満である可能性が高く、当局は余罪を念頭に捜査を進めている」(スポーツ紙記者)という。

 渡辺容疑者は当局の調べに“完落ち”しており「自分の性的欲求を満たすため、インスタグラムで知り合った15歳の少女にお尻や股間が写った裸の写真を自画撮りさせて送らせたことに間違いありません」と容疑を認めている。かつてのトップユーチューバーは欲求を制御できない“変態”だったようだ。

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

ヤバすぎて“報道規制”された「ワタナベマホトの鬼畜手口」全容 少女に「修行」を課し、肛門写真&排尿動画も送らせていた!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル