【未解決】忽然と姿を消したサロモン一家の謎! 怪しい男、生存証言、モサド… 疑惑・陰謀が渦巻くヤバい展開!

 サロモン一家は、ごくありふれた郊外に住む家族だった――。


■ある夜に忽然と消えた一家

 サロモン一家はイスラエルからの移民で、夫のソル・サロモン(35歳)、妻エレイン、息子ミッチェル(9歳)、そしてエレインの連れ子ミシェル・ホックマン(15歳)は、米カリフォルニア州ノースリッジの静かな地域に住んでいた。

 夫のソルは消火器関連の仕事をしており、一家はすべての点において、非の打ち所がない普通の家族であった。

 それは1982年10月12日の事だった。

 妻エレインの両親が一家を訪問していたが、午後6時頃になると夫ソルは、ハーベイ・レーダーという仕事関係の男と一緒に、車のオークションに行くと言い残し、家を出た。

 エレインの両親は夜10時半頃に帰り、その後エレインは友人に電話をかけていた。友人によると、エレインは夫の仕事仲間のレーダーが家に来たから、と言って電話を切ったという。

 そしてそれが、サロモン一家が最後に残した言葉だった。その後、家族全員が姿を消し、その謎は現在に至るまで解決されていない。

【未解決】忽然と姿を消したサロモン一家の謎! 怪しい男、生存証言、モサド… 疑惑・陰謀が渦巻くヤバい展開!の画像1
サロモン一家 「Mysterious Universe」の記事より

 次の夜、近所の人たちはサロモン家のプールの水が溢れ、隣の庭まで水びたしになっていることに気付いた。

 人々がサロモン家に行った時、ドアは施錠され中は暗かった。家の前にソルのベンツは見えなかったが、派手なワイン色のロールスロイスと彼の仕事用のバンが置かれていた。そして裏庭では、サロモン家の犬が歩き回っていた。

 その日、誰もサロモン一家を見ていないことが明らかになった。妻のエレインはクリニックでボランティアのカウンセラーをしていたが、姿を見せなかったし、息子と娘は2人ともその日学校に行っていなかった。人々は、何かがおかしいと感じ始め、ついに警察が呼ばれた。

 当局が現場に到着した時、ドアは施錠されており、警報も作動しておらず、誰かが侵入した兆候はなかった。周りを見回しても、すべては整理されており、一家は今にも家に帰ってきそうに思えた。寝室のベッドも全て整えられていたが、後にエレインの母親は、娘一家は日常これほどきちんとベッドを整える習慣はない、と主張した。

 ミシェルの部屋に着くまでは、すべて何もかも普通だった。しかし、ミシェルの部屋では、枕カバー、シーツ、ベッドカバーがベッドから無くなっており、寝室の壁とマットレスには小さな血しぶきが付いていた。そして奇妙なことに、カーペットが床から切り取られ、バスマットで覆われていた。裏庭ではプールの水道の蛇口が開かれたままで、さらに近くに野球のバットが転がっていた。すべてが奇妙ではあったが、警察は証拠が無いとして、事件として扱わなかった。

【未解決】忽然と姿を消したサロモン一家の謎! 怪しい男、生存証言、モサド… 疑惑・陰謀が渦巻くヤバい展開!の画像2
サロモン一家の家 「Mysterious Universe」の記事より

■有力な容疑者があらわれるも証拠は集まらず

 数日後の10月17日、家から約25キロの人里離れた高速道路沿いで、サロモンのパスポート、財布、写真がまき散らされているのが見つかった。ついに警察も事件性を認め、サロモン一家は誘拐され殺害された可能性があると考えるに至った。

 この頃、一家失踪のニュースは大きく新聞で報じられ、あらゆる種類の憶測が囁かれていた。

 かつてソルがイスラエルのマフィアに関与していた、イスラエル軍で元特殊訓練部隊に所属していた過去と関係している、または彼がイスラエル諜報機関(モサド)のスパイ、または麻薬の売人であった等の噂である。人々はこれらの説に夢中になったが、警察は一人の男に目をつけていた。

 それはソルが最後に会った、自動車販売店経営の英国人ハーベイ・レーダーだった。ソルはレーダーの事業に投資していたが、警察の調べではレーダーは荒っぽい前科を持っていた。レーダーはイギリスで12件を超える犯罪で有罪判決を受け、数回刑務所に入った経歴を持っていたのだ。彼はまた、武装強盗やサウジアラビアの実業家の邸宅への放火保険金詐欺計画にも関与していた。

 このようなきな臭い経歴を持つ人物ではあるが、レーダーがサロモン一家を消した証拠はなかった。警察が尋問するためにレーダーの家を訪ねた時、レーダーの車庫には、ソルの行方不明のベンツがあり、状況はかなり疑わしいものとなった。

 警察から質問されたレーダーは、ソルに会った夜、ソルのバンで車のオークションに行き、その後、ソルから頼まれたイスラエル料理店で彼を降ろした、と語った。その後、レーダーはソルの家までバンで向かい、妻エレインからベンツの鍵を受け取り、修理のために自分の店に持っていった、という。レーダーは、自分はソルの失踪とは何の関係もないと断固として否定するとともに、ソルの正体はイスラエル製の短機関銃、リボルバー、自動拳銃を売る密売屋であると警察に話した。

 しかし、レーダーの説明には、いくつか不自然な点があった。

 1つには、ソルを車から降ろしたというレストランはその夜閉まっていたこと、そして、彼らはサロモンの家を夕方6時に出たが、車のオークションは実際には5時で終わっていた事実である。さらにレーダーの話には一貫性がないこと。最初はエレインから鍵を渡されたと言っていたが、後に郵便受けから鍵を取り出したとレーダーの証言は変化した。しかし、レーダーを拘束する証拠はなく、彼は逮捕されず、それ以上の尋問は行われなかった。

 やがて捜査は手詰まりとなり、新たな手がかりも容疑者も見つからなかったが、1983年10月、レーダーが再び捜査線上に現れた。警察はレーダーのいとこ、アシュリー・ポールという男から連絡を受け、非常に興味深い話を告げられたのだった。

 ポールによれば、彼はレーダーと何人かのイタリア人共犯者が1982年10月12日にソルと彼の家族を銃殺したのを目撃し、彼らが砂漠に一家の遺体を埋めるのを手伝ったと述べたのだ。

 ソルとレーダーはソルが行った投資について激しく言い争い、そのあげくに殺され、家族は単に沈黙させるために殺されたと話した。ポールはまた、レーダーが1982年3月17日に行方不明になった英国人夫婦ピーターとジョーン・デイビスの失踪にも関係していると述べた。しかし、ポールは遺体が埋められたはずの場所に警察を連れて行ったが、何も発見されなかった。

 ある捜査関係者はこう語った。

「レーダーのいとこポールは嘘をついていたか、警察に遺体を見つけて欲しくないと考え、違う場所をわざと指示したのかもしれない。遺体さえ見つからなければ、警察は彼らを起訴できないからだ」

人気連載
「アナタがひた隠す本性」が怖いほど当たる4択診断! Love Me Doは全部お見通し!

「アナタがひた隠す本性」が怖いほど当たる4択診断! Love Me Doは全部お見通し!

■「あなたの中に隠れている“裏キャラクター”」診断 ...

人気連載
【未解決】放置された大金が物語る“奇妙なねじれ”とは?「板橋資産家夫婦放火殺人事件」の謎

【未解決】放置された大金が物語る“奇妙なねじれ”とは?「板橋資産家夫婦放火殺人事件」の謎

 2009年5月25日0時頃、東京都板橋区の住宅街にある...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【未解決】忽然と姿を消したサロモン一家の謎! 怪しい男、生存証言、モサド… 疑惑・陰謀が渦巻くヤバい展開!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル