「UAP/UFOの謎は宇宙人に聞くべき」トップ科学者がBBCの取材に答える!30年後に人類はエイリアンと出会う?

関連キーワード:

,

,

画像は「getty images」より


 米海軍が目撃したUAP(未確認航空現象)について、米国防総省は待望の報告書を議会に提出したが、それについて、有名科学者が「我々が理解できない物理学を示している」と話したという。

 英紙「Daily Star」(7月5日付)によると、南カリフォルニア大学天文工学科のマドゥ・タンガヴェル教授は英BBCの取材にこう答えたという。

「この特別なレポートは圧倒的です。UAPは現実のものです。訓練を受けたプロのパイロットが見ているので、幻覚ではありません。UAPは我々が理解していない飛行力学や物理学を見せています。我々の技術では、空気力学的に優れていない乗り物を、非常に速い速度で、非常に素早く操縦し、速度を変えることはできません。そして何よりも、水しぶきも上げずに、視界から消えたり、航空機から潜水艇に姿を変えることはできません」(タンガヴェル教授)

 タンガヴェル教授はUAPを理解するためには地球外生命体の知恵を借りる必要があるとも発言している。

画像は「getty images」より


「NASAの科学者たちは、今後30~40年のうちに、宇宙に存在する生命体を突き止めることができると考えています。この問題に結論を出すためには、ライバルの助けが必要かもしれません」(同)

 UAP、UFO(未確認飛行物体)が何であるのか、我々の科学では理解することが難しい。国防総省がその正体を断言できないのも仕方ないことかもしれない。しかし、保有する映像を全て公開し、より広く知恵を集めることはできるはずだ。

 一刻も早く、未公開報告書とそれに付随していると言われる未公開映像を一般に公開してもらいたいものである。

参考:「Daily Star」、ほか

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

「UAP/UFOの謎は宇宙人に聞くべき」トップ科学者がBBCの取材に答える!30年後に人類はエイリアンと出会う?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル