超ムキムキのビッグフットが激撮される! 着ぐるみではあり得ない姿「パターソン・フィルムより優れている」

 新たな「ビッグフット」動画が話題だ。米・アイダホ州で撮影された問題の映像だが、さまざまな議論を呼び起こしているようだ。

■2足歩行する筋骨隆々のビッグフット

 ご存知のように、ビッグフットとは森の中を歩き回る大きくて毛むくじゃらの大型類人猿のようなUMA(未確認生物)である。カナダやアメリカの民間伝承では「サスカッチ」とも呼ばれるビッグフットは、大型化したゴリラやチンパンジーのようにも見えるのだが、これまでに撮影された映像などで歩き方がきわめて人間に近いことが指摘されている。

 今回、YouTubeチャンネル「Nv Tv」に投稿された衝撃的な動画は、森の中を2足歩行する筋骨隆々のビッグフットの姿を収録している。

「このビデオのビッグフットは非常にリアルに見え、偽のスーツを使用しても複製は難しいヘビー級の体格で、すべての筋肉の動きを理解することさえできます。そもそも、でっちあげをやり遂げるためだけに誰がスーツを借りたり購入したりするでしょうか?」(動画より)

超ムキムキのビッグフットが激撮される! 着ぐるみではあり得ない姿「パターソン・フィルムより優れている」の画像1
「Unexplained Mysteries」の記事より

 ビッグフット映像につきまとうのは着ぐるみではないかという“スーツ疑惑”だ。

 1967年に撮影された有名な「パターソン・ギムリン・フィルム」にもスーツ疑惑が取り沙汰され、今も疑惑は晴れていない。そしてビッグフットの着ぐるみを着て撮影された映像も実際に存在している。

 しかしこの動画の投稿者は、写っているビッグフットは本物であり、筋肉の動きなどからスーツではないと断言。オルタナティブメディア「Mysterious Universe」の記事の中で筆者のポール・シーバーン氏もこの動画について言及している。

「何であれ、これは巨体です。大きな頭、大きなお尻、大きな体、太い脚、大きな腕。もしも衣装なら、かなり大きな人間でなければならないでしょう。衣装を着た人間である場合、そのワードローブアシスタントはかなりぴったり合ったものを見つけることができたことになります。リアルな衣装を着たビッグフットのなりすましには見えません。歩き方は通常の歩行であり、クマやサルのような特徴は何もありません」(シーバーン氏)

 やはりこのUMAは本物のビッグフットということになるのだろうか。

超ムキムキのビッグフットが激撮される! 着ぐるみではあり得ない姿「パターソン・フィルムより優れている」の画像2
「パターソン・ギムリン・フィルム」のビッグフット 「Mysterious Universe」の記事より

■「パターソン・ギムリン・フィルムよりも優れている」

 超常現象ニュースサイト「Unexplained Mysteries」の記事での分析は、もう少し慎重な態度であるようだ。

「ビデオやその出所についてはほとんど知られていないため、撮影者が短い撮影の後に、すぐ(撮影を)やめた理由についての説明はないようです。ビデオキャプションは“スーツ疑惑”の可能性が低いことを示していますが、追加の情報がなければ、何が起こっているのか検証することは不可能です」

超ムキムキのビッグフットが激撮される! 着ぐるみではあり得ない姿「パターソン・フィルムより優れている」の画像3
「LAD Bible」の記事より

 YouTubeにコメントしているユーザーの見解もかなり割れているように見える。これが本物のビッグフットであると納得している者も多いものの、一部からは本物かどうかを判断するのは難しいという声もあがっている。

「この映像はパターソン・ギムリン・フィルムよりも優れています。私が今まで見た中で最高ものです」
「すべての動きは、特に脚を持ち上げる方法が正しく、何年も前に見た白いビッグフットとほぼ同じ挙動です。スーツを着た人ではありません。本物か、あるいは誰かが多くの時間とお金を費やして作成したCGIビデオです」
「首元の構造は人間のように組み込まれています。そしてその周囲の(筋肉の)動きは本物です。肩の三角筋領域をじっくり見てください」

超ムキムキのビッグフットが激撮される! 着ぐるみではあり得ない姿「パターソン・フィルムより優れている」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル