ロンドン近郊でビッグフットが出現! 似顔絵も公開され騒然「30秒見つめ合った」

ボックスヒル。画像は「Daily Star」より


 いまだその存在が確認されていない大型未確認類人猿ビッグフット」。毎年何件もの目撃情報が報告されており、中にはビッグフットの遺体を所有していると主張する人物もいるが……。

 ビッグフットを映像に収めたとされる有名な「パターソン・ギムリン・フィルム」は米カリフォルニア州で撮影されたが、米国ではビッグフットの他にもサスカッチ、スカンクエイプなどといった大型類人猿のUMA(未確認生物)が生息するとされている。また米国外ではネパールのシェルパの間で噂されてきたヒマラヤ山脈のイエティも有名だ。

マクグラス氏。画像は「Daily Star」より


 しかし、この度思いがけない場所でビッグフットが目撃されたというのだ。英紙「Daily Star」(12月7日付)が報じた。

 英ロンドン南西31kmにあるサリー州ボックスヒルの森の中で、頑丈な筋肉に覆われた分厚い体の毛むくじゃらの猿人が目撃されていたという。目撃者のアンディ・マクグラス氏は同地でランニングしていたところ、奇妙な音が鳴り響いていることに気づいたという。

「トレーニングセッション中に、木を叩く音が聞こえました。当時はトレーニングに集中していたので、何回音がしたかまでは覚えていませんが、その音が、私が見ることになったものと関係していたとは知る由もありませんでした」(マクグラス氏)

ビッグフットと遭遇した階段。画像は「Daily Star」より


 その後、休憩を取っていたマクグラス氏に向かって近づいてくる足音が聞こえたという。

「丘を下ってくる足音が聞こえましたが、まだ昼間だったし、周囲を見渡すこともしなかったので、この時点では犬の散歩をしている人だろうと思っていました。

 しかし、階段の途中で足音が止まったことに気づいたのです。呼吸音が聞こえてきて、私を見つめる視線を感じ、落ち着きませんでした」(同)

 嫌な予感がしたマクグラス氏は覚悟を決めて後ろを振り返った。

「私は振り返って右肩越しに見ました。私の約10メートル後方にそれは立っていました。毛の色は茶色で、灰色が混じっていました。顔は人間に似ていて、平らな鼻をしていましたが、顎が大きく、頭とのバランスが取れていないように見えました。頭頂部はドーム状になっていました。2本足で立っていましたが、前に傾いていて、腕は体に比べて長かったです。身長は6フィート(約1.8m)ほどだったと思いますが、正確には分かりません」(同)

関連キーワード:, ,

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

ロンドン近郊でビッグフットが出現! 似顔絵も公開され騒然「30秒見つめ合った」のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル