「日本の刑務所で26年間人体実験された」元ヤクザが“精神薬漬け”の日々を暴露! 廃人同然にされた“闇のクスリ”とは?

「日本の刑務所で26年間人体実験された」元ヤクザが精神薬漬けの日々を暴露! 廃人同然にされた闇のクスリとは?の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 コロナ禍のストレスで、不安障害やうつ病などの精神疾患を抱える人が増えているという。しかし、筆者はその治療のために抗/向精神薬に頼ることが本当に有効なのか、以前から疑問に思ってきた。というのも、精神薬は脳に一時的な作用をもたらすかもしれないが、いくら服用したところで目の前の現実は変わらない。むしろ、魔女占い師・カウンセラーである筆者の周りには、精神薬の中毒症状に苦しんだり、異常行動や自殺をしてしまった人々さえいるのだ。

 政治活動家として、安倍首相在任中は反政権デモや集会を主催するなど積極的に活動してきた田中正道氏も、かつて精神薬の中毒に苦しんでいたと語る。この田中氏は、かつて住吉連合会に所属し、刑務所に26年間服役していた元暴力団員だが、なんと中毒は拘置所で始まったのだという。

■元ヤクザが刑務所で味わった恐怖

「日本の刑務所で26年間人体実験された」元ヤクザが精神薬漬けの日々を暴露! 廃人同然にされた闇のクスリとは?の画像2
田中正道氏

田中正道氏(以下、田中)  始まりは拘置所で不眠症を患い、ハルシオンを服用したのがきっかけでした。だんだんと効かなくなり、分量が増えて、普通の人の倍は服用するようになったのです。そして、刑務所ではデパスをはじめ複数の睡眠薬・精神安定剤を服用するようになりました。

――改善するどころか、量も種類もどんどん増えてしまったのですね。

田中  はい。ただ不審な点があります。なぜか、刑務所で出される睡眠薬・精神安定剤の種類や量が毎回違っていて、一概に増えていたわけではないんですよ。

――それはつまり?

田中  刑務所が囚人に人体実験をしていたのではないか、と私は思うのです。睡眠薬・精神安定剤の処方以外に、鳥インフルエンザや狂牛病がはやった時もおかしかったんです。鳥インフルエンザの時はクリスマスでもないのに食事としてチキンレッグが出され、翌日に半分以上の囚人が腹を壊していました。そして狂牛病の時は、いかにも豪華な分厚いステーキが出されました。刑務所が、余った鶏肉や牛肉を引き取ったという話も耳にしました。

――それは穏やかではない話ですね。では、精神薬の中毒症状について、経過はいかがでしたか?

田中  あらゆる精神薬が効かなくなり、「もっと薬を出してほしい」と俺はおかしくなったふりをしました。そして、最終的に処方されたのがソセゴンです。これがヤバいんですよ。ずっと寝たままになり、起きられなくなって、ほとんどご飯も食べられなくなりました。刑務所の工場作業もできなくなりました。精神がおかしくなり、人と会ったり話したりするのが嫌で、幻聴が聞こえたりもしました。最後の6年の服役では独房に入れられました。

――田中さん以外にも精神薬を処方されていた囚人はいましたか?

「日本の刑務所で26年間人体実験された」元ヤクザが精神薬漬けの日々を暴露! 廃人同然にされた闇のクスリとは?の画像3
田中正道氏

田中  はい。ソセゴンよりもっとヤバい薬をのんだのか、完全に気がふれた人もいました。急にわめき散らして狂乱したり。

――刑務所を出てからも精神の病は続いたのですか?

田中  出てからも、とにかくソセゴンがほしくて、気が変になりそうでした。服役する前に違法薬物をやっていた経験がフラッシュバックして、また薬物に手を出してしまいました。1年半くらいでやめましたが。

――それはどうやってやめることができたんですか?

田中  ある時、愛する妻が入院して、娘のためにヤクをやめるよう頼まれたんです。その時、俺はやめる決意をしました。やめてから、しばらくはうつになって酒に依存してしまいましたが。

関連記事

    「日本の刑務所で26年間人体実験された」元ヤクザが“精神薬漬け”の日々を暴露! 廃人同然にされた“闇のクスリ”とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

    トカナ TOCANA公式チャンネル