米先住民に伝わる最恐UMA「ウェンディゴ」の目撃相次ぐ緊急事態! 身長4.6m、ガリガリのモフモフ、腐臭を放ち… 遭遇例4つを解説!

 アメリカ北部からカナダ南部のネイティブアメリカンに伝わる謎のUMA、ウェンディゴ――。伝承の中の存在といわれていたウェンディゴだが、今なお興味深い遭遇体験談が報告されている。

■謎の野人“ウェンディゴ”とは?

 ネイティブアメリカンの伝承の中に登場する巨大な人型の獣がウェンディゴ(Wendigo)だ。神秘的で奇妙な能力を持つといわれるこの謎のUMAの目撃・遭遇報告が巨大掲示板「Reddit」にいくつも寄せられている。

 ウェンディゴはネイティブアメリカンであるアルゴンキン族の神話と伝説に登場する恐ろしい野人である。身長は最大で4.6メートルにもなり、毛深くガリガリに痩せていて、腐臭のような体臭を放ち、眼光鋭い目、長い黄ばんだ牙、鋭利な恐ろしい爪、長い舌を持ち、シカのようなツノを持つ個体も報告されている。

米先住民に伝わる最恐UMA「ウェンディゴ」の目撃相次ぐ緊急事態! 身長4.6m、ガリガリのモフモフ、腐臭を放ち… 遭遇例4つを解説!の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 高い身体能力に加えてある種の“超能力”を持っているといわれ、姿が見えなくなったり、心を読んだり、人間の声を模倣したりする能力や、恐怖の波動を放出する能力もあるという。

 その起源にはいくつかの説があり、飢餓に打ち勝った人間であるという説や、または共食いの極限状況をサバイバルした人間がウェンディゴになるという説、災厄から部族を救うために悪魔と取引した戦士という説もある。いずれにしても腹を空かせ獲物を求めている貪欲な野人だ。そして今でもウェンディゴの目撃・遭遇談が報告されている。

■人間の言葉を話す謎のUMA

 ネイティブアメリカンの血を引いているRedditユーザー名「universemasterOnGram」氏は13歳のときにキャンプ旅行でこの謎のUMAに遭遇した体験談を綴っている。

 テントを張り、キャンプ生活を始めてすぐに奇妙なことが起こり出した。近くに鳥の死骸が見つかり、キャンプ用品や道具のいくつかがなくなった。辺りに悪臭が立ち込めることもあったという。

米先住民に伝わる最恐UMA「ウェンディゴ」の目撃相次ぐ緊急事態! 身長4.6m、ガリガリのモフモフ、腐臭を放ち… 遭遇例4つを解説!の画像2
「Mysterious Universe」の記事より

 同氏が薪を求めて森の中を歩き回っていたとき、後ろの茂みでカサカサという音が聞こえ、同氏の名前を呼ぶ声が聞こえたという。体調不良でほんの数時間前にキャンプ場を後にした妹の声に似せた声だったが、耳障りで荒々しく背筋が寒くなったという。近づいてくる足音が聞こえたので、同氏はあわててキャンプ場へ引き返した。

 それでもキャンプは予定通りの日程で終わったのだが、撤収作業を終えて荷物を車に積み込み、キャンプ地を離れる際に車の窓から後ろを振り返ると、並木道に立ちこちらを見つめているガリガリに痩せた恐ろしい形相の大男の姿が目に入り驚かされたのだった。それはウェンディゴなのか。そして森の中で追いかけてきたのはこの野人であったのか。その後すぐにこのウェンディゴは姿を消し、見えなくなったという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ