ビッグフット4人家族に拉致・監禁された男の衝撃実話! 言語や好物、住処まで判明

関連キーワード:

,

,

,

,

 かつてビッグフットに誘拐された男がいた――。最恐UMAによる監禁生活の日々で男は彼らが話す言葉を学んだという。

【緊急告知】
ビッグフットと悪霊、そして地底人が三つ巴のバトルを繰り広げる
空前絶後のモンスターデスマッチ系ホラー、トカナ配給最新映画
『ドーン・オブ・ザ・ビースト/魔獣の森』、
11月12日より全国ロードショー!!

公式サイト https://dotb.jp


■キャンプ中にビッグフットに誘拐される

 北米の森林地帯でその姿が目撃されているビッグフットだが、証言の中には極めて至近距離でコンタクトしたケースもあれば、驚くべきことにビッグフットに誘拐されたという話もある。ビッグフットに誘拐され監禁されるも脱出に成功して帰還したという驚くべき体験をしたのが、カナダ人のアルバート・オストマン氏だ。

 1924年、オストマン氏はカナダ・ブリティッシュコロンビア州トバ川の入り江近くの荒野を訪れた。その目的は、この一帯のどこかにあると噂されている金鉱脈を探し当てることであった。

ビッグフット4人家族に拉致・監禁された男の衝撃実話! 言語や好物、住処まで判明の画像1
アルバート・オストマン氏(右) 「Mysterious Universe」の記事より

 旅の当初は現地のガイドを雇ったのだが、ガイドの話では同地で最初に金鉱脈を見つけたとされる男がビッグフットに襲われて殺されたという。オストマン氏はこの時、不気味なUMA(未確認生物)の話を初めて耳にしたのである。

 調査の拠点となるキャンプを設営してからは単独で行動することになったオストマン氏だったが、数日後に奇妙なことに気づく。キャンプ内の備品のいくつかが移動していることがわかったのだ。いったい何者の仕業なのか。

 ヤマアラシなどの野生動物が入り込んできて備品を押しのけたりしているのではないかとも考えたオストマン氏は、その夜からライフルを身体の近くに置いて眠ることにしたのだった。

 途中で目覚めることなく翌朝まで眠ったオストマン氏は、今度は部屋のいくつかのものが無くなっていることに気づかされる。プルーンや小麦粉などの保存食品のストックがいくつか無くなっていたのだが、辺りは散らかされておらず略奪された形跡もなかった。ベテランの泥棒の仕業であるかのようだった。

 その夜、意を決したオストマン氏は肩にかけたライフルを手にしたまま寝ずに一晩を過ごすつもりであったが、睡魔に打ち勝つことはできずに眠りに落ちてしまう。

 寝ぼけ眼で薄っすらと目覚めると、驚いたことに自分が寝袋にすっぽりと収まっていて、何者かによってどこかに運ばれていることを理解した。肩にかけたライフルも一緒だった。頭まで寝袋に包まれていたので視界は完全に遮られていたが、どうやら自分が巨人か、あるいは何らかの大きな生物に抱きかかえられた状態で運ばれていることもまた徐々にわかってきた。時折、その生物の息づかいを聞くことができたのだ。

ビッグフット4人家族に拉致・監禁された男の衝撃実話! 言語や好物、住処まで判明の画像2
「Mysterious Universe」の記事より

■ビッグフット4人家族との監禁生活

 移動の足がようやく止まると、オストマン氏は地面の上に降ろされた。

 寝袋のチャックを恐る恐る開いて周囲を注意深く眺めたオストマン氏は、洞窟のような暗い場所で全身が毛むくじゃらのビッグフットを複数目撃することになる。

 オストマン氏を運んできたと思われる筋骨隆々で一番大きな個体は身長2.4メートルほどもあり、おそらく父親で、他にもう少し小さい体格の母親と男女の子どもらしき個体がいたのだ。つまり、オストマン氏は4人家族のビッグフットの住処に連れてこられたのである。

 彼らは独特の言葉で会話をしていた。オストマン氏は寝袋から出たが、彼らは何ら危害を加えようとはしてこなかった。しかし、オストマン氏が洞窟を出ようとすると彼らは進路を塞ぐので、どうやら彼らはオストマン氏をここから出さないつもりであることがわかったのである。

 オストマン氏はそれから6日間、このビッグフットの家族と生活を共にすることなる。オストマン氏は彼らから提供されるナッツと野草の食事をし、樹皮を敷いた寝床で眠った。起きている間はビッグフットの子どもたちと遊んでいたのだが、服のポケットに入っていた嗅ぎタバコの箱を渡すと、彼らは箱を興味深く開け閉めしてずっと遊んでいたという。

 そして、オストマン氏はある意味では自然に、彼らが口にしている言葉を学ぶことになる。

 たとえば、オストマン氏にそこに座ったままでいることを望んでいる時、彼らは「ソカ、ソカ」と言った。また彼らが水をくれる時、彼らは毎回「オック」という言葉を口にしていた。

 こうした言葉を聞くうちにオストマン氏は、「ソカ」は「留まる(stay)」を意味し、「オック」は「水(water)」かあるいは「飲む(drink)」を意味するものであると推測したのだ。そしてオストマン氏はいくつかの基本的な単語を使って言葉で簡単なコミュニケーションができるようになった。

 また、彼らのコミュニケーションにはより複雑な側面もあり、ジェスチャーや顔の表情を使ってアイデアを伝えたり、足を踏み鳴らすこともあったという。ビッグフットとのコミュニケーションはオストマン氏にとってとても興味深いものであったが、しかし、そろそろここから脱出するべきだと考えるようになる。

人気連載
ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

【手相】“ナンバー2”を狙って幸せになれる人の手 ...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

ビッグフット4人家族に拉致・監禁された男の衝撃実話! 言語や好物、住処まで判明のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル