「人間がヨーウィーに食べられている!」人喰いUMAの存在を研究者が暴露! 政府が隠蔽した行方不明事件も!

 “オーストラリア版ビッグフット”であるUMA(未確認動物)「ヨーウィー」の探索が盛り上がりを見せている。ヨーウィー研究の専門家によると、オーストラリアの森林で行方不明になる人々は彼らの餌食になったのだという衝撃の発言を行っている。

■「超人的な速度で走るヨーウィーを見た」

 2012年、仲間と共にヨーウィー研究グループを設立し、豪クイーンズランド州とニューサウスウェールズ州の国立公園で探索活動を行っているジェイソン・ヒール氏はヨーウィーの痕跡を求めて毎週のようにパース周辺の森林地帯を探索している。ヒール氏はこれまでにヨーウィーとの数十回の身の毛のよだつような接近遭遇を経験していると話す。そしてこの付近のブッシュランド(低木地帯)にヨーウィーの一群が生息していると地元紙「West Australian」の取材で断言している。

「人間がヨーウィーに食べられている!」人喰いUMAの存在を研究者が暴露! 政府が隠蔽した行方不明事件も!の画像1
ヨーウィーの足跡 「West Australian」の記事より

「私は最近、ブルズブルックの北で超人的な速度で走っているヨーウィーを見ました。ムンダリング、サーペンタインダム、ナンガラ湖など、郊外のいたるところにヨーウィーが生息していると思います。彼らは人々の近くの茂みにある獣道を使っていますが、早朝に信じられないほどの速さで移動するため、目撃されることがないのです」(ジェイソン・ヒール氏)

 ヒール氏は、豪政府はヨーウィーの存在を認識しているが、観光産業に悪影響を及ぼすことを恐れて情報を隠蔽しているのだと説明する。

「誰もがヨーウィーの存在を知っていれば、もう人々がキャンプに行くことはないでしょう」(ジェイソン・ヒール氏)

 毛むくじゃらの二足歩行の獣、ヨーウィーが存在するという明確な証拠がない理由を尋ねられたヒール氏は、理由は単純であると述べた。

「多くの人は、ヨーウィーの存在を信じるなんて愚か者だと思っています。なぜなら、実在するならば今まで死体や骨が見つかっていてもおかしくないからです。しかし、ヨーウィーという存在はとらえどころがなく、人間から遠ざかる知性を持っています」(ジェイソン・ヒール氏)

 ヨーウィーは細心の注意を払って我々人間に接触しないように努めているということだ。そしてこのような存在は世界中に見られることを指摘する。

「世界中のあらゆる文化において、イエティであろうとサスカッチであろうと、ヨーウィー的な存在が語り継がれています。それには“何か”がなければなりません。オーストラリアの先住民族の長老たちは、確かに彼らについて知っています。それは民間伝承の一部であり、何千年にもわたって物語として伝えられてきました」(ジェイソン・ヒール氏)

「人間がヨーウィーに食べられている!」人喰いUMAの存在を研究者が暴露! 政府が隠蔽した行方不明事件も!の画像2
「Daily Star」の記事より

■人間もまた彼らの餌食になっている

 ヒール氏は、ネアンデルタール人のような生き物が何百万年もの間、先住民よりも長くここにいると確信している。

「彼らはホモサピエンスではなく、サルや類人猿でもありません。霊長類の顔をしていますが、より人間に似ています。サイズはさまざまです。ブルーマウンテンで見られた、子どもサイズの小さなものから、11フィート(3.4メートル)まで成長する大きなものまで」(ジェイソン・ヒール氏)

 ヨーウィーはゴリラやチンパンジーの仲間ではなく、別種のヒト属ということになるのだろうか。そして彼らは何でも食べるという。

「彼らは何でも食べます。ベリー類、植物、カンガルー、ヘビ、ワラビー、そしてロードキル(路上の轢死体)。……そして人間も」(ジェイソン・ヒール氏)

「人間がヨーウィーに食べられている!」人喰いUMAの存在を研究者が暴露! 政府が隠蔽した行方不明事件も!の画像3
「Unexplained Mysteries」の記事より

 人間もまた彼らの餌食になっているとすればショッキングな話である。

「茂みの中で人が行方不明になる未解決事件のいくつかは、ヨーウィーの仕業だと思います」(ジェイソン・ヒール氏)

 毎年、国立公園などで行方不明になる者が絶えないが、ヨーウィーの餌食になっているケースがあるとすれば恐ろしい限りだ。

 2012年に未確認動物学(cryptozoology)とUMAに興味を持ち、ヨーウィーの探索と研究に没頭して地元で最も有名な存在となったヒール氏だが、ヨーウィー探索のコミュニティが現在パースで急成長していると話す。

「人間がヨーウィーに食べられている!」人喰いUMAの存在を研究者が暴露! 政府が隠蔽した行方不明事件も!の画像4
画像は「Wikipedia」より

 以前にも増して活発な探索が行われるようになったということで、今後ヨーウィーに関する新たな事実がオーストラリアから届くことを期待したい。

参考:「Unexplained Mysteries」、「West Australian」、「Daily Star」、ほか

 

【特報!!】

ビッグフットが大暴れするTOCANA配給最新映画
情報解禁&予告編公開!

『ゴジラVSコング』×『死霊のはらわた』の衝撃!
UMAと人間と”第三の生物”が三つ巴のデスマッチ!!

「人間がヨーウィーに食べられている!」人喰いUMAの存在を研究者が暴露! 政府が隠蔽した行方不明事件も!の画像5

巨獣無敵。
真夜中の森は血肉飛び散る戦場と化した!

『ドーン・オブ・ザ・ビースト/魔獣の森』
(配給:TOCANA)

2021年11月12日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷
池袋シネマ・ロサ、新宿シネマカリテ他 全国ロードショー!

公式サイト:dotb.jp


これは単なるビッグフット捜索映画ではない。
 この秋、最強UMAビッグフットVS悪霊VS人喰鬼グールの壮絶なバトルが劇場を襲来! 5分に1度の衝撃と興奮…『ドーン・オブ・ザ・ビースト/魔獣の森』がTOCANA配給で全国ロードショー決定!さらに疾走感溢れる予告編到着! ビッグフット映画史上最高傑作を見逃すな!  

【予告編解禁!】


暗闇の中に奴らがいる。真夜中の森は血肉飛び散る戦場と化した!

 アメリカ北東部某所に“ビッグフット”目撃多発地帯がある。1985年以降、200件の目撃情報があり、54件の行方不明と死亡事件が発生しているその場所では、現地で“死の月”と呼ばれている9月4日から10月2日の間、特に目撃や行方不明の発生が高まるという。その場所にやって来た大学の未確認生物学の実習チームは、山小屋を拠点に調査を開始する。だが、彼らを待っていたのは“ビッグフット”だけではなかった…。夜がやってくると、ある者は死霊に取り憑かれ、ある者は謎の人喰鬼グールの餌食となって1人、また1人、メンバーは謎の失踪を遂げていく。やがて、その修羅場についに伝説のUMAビッグフットが姿を現した…。

「人間がヨーウィーに食べられている!」人喰いUMAの存在を研究者が暴露! 政府が隠蔽した行方不明事件も!の画像6

「人間がヨーウィーに食べられている!」人喰いUMAの存在を研究者が暴露! 政府が隠蔽した行方不明事件も!の画像7ホラー映画史上かつてない“驚き”に満ちた、壮絶なる闘いが今、始まる…!!
 悪霊に取り憑かれた女が男たちのはらわたを食いちぎる!地獄の底から這い出した人喰鬼グールたちが集団で襲い来る!最強UMAビッグフットが人喰鬼どもを引きちぎる!いまだかつて見たこともない恐怖と戦慄に満ちた想像を絶する見せ場の数々!そして予測不可能な展開の連続!!

「人間がヨーウィーに食べられている!」人喰いUMAの存在を研究者が暴露! 政府が隠蔽した行方不明事件も!の画像8
『ドーン・オブ・ザ・ビースト/魔獣の森』
監督:ブルース・ウェンプル/原作・脚本:アンナ・シールズ/
製作:ライアン・スローン、ロジャー・M・メイヤー/製作総指揮:コール・ペイン
出演:エイドリアン・バーク、ルジョン・ウッズ、アリエラ・マストロヤンニ、アンナ・シールズ、クリス・シンパーマン、ウィラード・モーガン、グラント・シューマッハー、フランチェスカ・アンアダーソン他/クリーチャーデザイン:ジャレッド・バログ

© 2020 377 Films LLC.
2020年/アメリカ映画/カラー作品/82分
協力:エデン/配給:TOCANA( https://tocana.jp/

「人間がヨーウィーに食べられている!」人喰いUMAの存在を研究者が暴露! 政府が隠蔽した行方不明事件も!の画像9

2021年11月12日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷
池袋シネマ・ロサ、新宿シネマカリテ他 全国ロードショー!

公式サイト:dotb.jp

 

文=仲田しんじ

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

「人間がヨーウィーに食べられている!」人喰いUMAの存在を研究者が暴露! 政府が隠蔽した行方不明事件も!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル