「人間がヨーウィーに食べられている!」人喰いUMAの存在を研究者が暴露! 政府が隠蔽した行方不明事件も!

 “オーストラリア版ビッグフット”であるUMA(未確認動物)「ヨーウィー」の探索が盛り上がりを見せている。ヨーウィー研究の専門家によると、オーストラリアの森林で行方不明になる人々は彼らの餌食になったのだという衝撃の発言を行っている。

■「超人的な速度で走るヨーウィーを見た」

 2012年、仲間と共にヨーウィー研究グループを設立し、豪クイーンズランド州とニューサウスウェールズ州の国立公園で探索活動を行っているジェイソン・ヒール氏はヨーウィーの痕跡を求めて毎週のようにパース周辺の森林地帯を探索している。ヒール氏はこれまでにヨーウィーとの数十回の身の毛のよだつような接近遭遇を経験していると話す。そしてこの付近のブッシュランド(低木地帯)にヨーウィーの一群が生息していると地元紙「West Australian」の取材で断言している。

「人間がヨーウィーに食べられている!」人喰いUMAの存在を研究者が暴露! 政府が隠蔽した行方不明事件も!の画像1
ヨーウィーの足跡 「West Australian」の記事より

「私は最近、ブルズブルックの北で超人的な速度で走っているヨーウィーを見ました。ムンダリング、サーペンタインダム、ナンガラ湖など、郊外のいたるところにヨーウィーが生息していると思います。彼らは人々の近くの茂みにある獣道を使っていますが、早朝に信じられないほどの速さで移動するため、目撃されることがないのです」(ジェイソン・ヒール氏)

 ヒール氏は、豪政府はヨーウィーの存在を認識しているが、観光産業に悪影響を及ぼすことを恐れて情報を隠蔽しているのだと説明する。

「誰もがヨーウィーの存在を知っていれば、もう人々がキャンプに行くことはないでしょう」(ジェイソン・ヒール氏)

 毛むくじゃらの二足歩行の獣、ヨーウィーが存在するという明確な証拠がない理由を尋ねられたヒール氏は、理由は単純であると述べた。

「多くの人は、ヨーウィーの存在を信じるなんて愚か者だと思っています。なぜなら、実在するならば今まで死体や骨が見つかっていてもおかしくないからです。しかし、ヨーウィーという存在はとらえどころがなく、人間から遠ざかる知性を持っています」(ジェイソン・ヒール氏)

 ヨーウィーは細心の注意を払って我々人間に接触しないように努めているということだ。そしてこのような存在は世界中に見られることを指摘する。

「世界中のあらゆる文化において、イエティであろうとサスカッチであろうと、ヨーウィー的な存在が語り継がれています。それには“何か”がなければなりません。オーストラリアの先住民族の長老たちは、確かに彼らについて知っています。それは民間伝承の一部であり、何千年にもわたって物語として伝えられてきました」(ジェイソン・ヒール氏)

「人間がヨーウィーに食べられている!」人喰いUMAの存在を研究者が暴露! 政府が隠蔽した行方不明事件も!の画像2
「Daily Star」の記事より

■人間もまた彼らの餌食になっている

 ヒール氏は、ネアンデルタール人のような生き物が何百万年もの間、先住民よりも長くここにいると確信している。

「彼らはホモサピエンスではなく、サルや類人猿でもありません。霊長類の顔をしていますが、より人間に似ています。サイズはさまざまです。ブルーマウンテンで見られた、子どもサイズの小さなものから、11フィート(3.4メートル)まで成長する大きなものまで」(ジェイソン・ヒール氏)

 ヨーウィーはゴリラやチンパンジーの仲間ではなく、別種のヒト属ということになるのだろうか。そして彼らは何でも食べるという。

「彼らは何でも食べます。ベリー類、植物、カンガルー、ヘビ、ワラビー、そしてロードキル(路上の轢死体)。……そして人間も」(ジェイソン・ヒール氏)

「人間がヨーウィーに食べられている!」人喰いUMAの存在を研究者が暴露! 政府が隠蔽した行方不明事件も!の画像3
「Unexplained Mysteries」の記事より

 人間もまた彼らの餌食になっているとすればショッキングな話である。

「茂みの中で人が行方不明になる未解決事件のいくつかは、ヨーウィーの仕業だと思います」(ジェイソン・ヒール氏)

 毎年、国立公園などで行方不明になる者が絶えないが、ヨーウィーの餌食になっているケースがあるとすれば恐ろしい限りだ。

 2012年に未確認動物学(cryptozoology)とUMAに興味を持ち、ヨーウィーの探索と研究に没頭して地元で最も有名な存在となったヒール氏だが、ヨーウィー探索のコミュニティが現在パースで急成長していると話す。

「人間がヨーウィーに食べられている!」人喰いUMAの存在を研究者が暴露! 政府が隠蔽した行方不明事件も!の画像4
画像は「Wikipedia」より

 以前にも増して活発な探索が行われるようになったということで、今後ヨーウィーに関する新たな事実がオーストラリアから届くことを期待したい。

参考:「Unexplained Mysteries」、「West Australian」、「Daily Star」、ほか

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

人魚が守る島の掟と宝【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

人魚が守る島の掟と宝【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

現役の体育教師にしてありがながら、ベーシスト、そして怪談師の一面もあわせもつ、う...

2024.07.10 20:00心霊
「三途の川を見に行く方法」対岸に立つ存在の正体とは…時を経て現れた闇の存在【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

「三途の川を見に行く方法」対岸に立つ存在の正体とは…時を経て現れた闇の存在【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

現役の体育教師にしてありがながら、ベーシスト、そして怪談師の一面もあわせもつ、う...

2024.06.26 20:00心霊
夕暮れ時の「目玉の雨」高校教師が語る戦慄の恐怖体験【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

夕暮れ時の「目玉の雨」高校教師が語る戦慄の恐怖体験【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

現役の体育教師にしてありがながら、ベーシスト、そして怪談師の一面もあわせもつ、う...

2024.06.12 20:00心霊
『7階の多目的トイレ』異世界とこの世を結ぶ何かが渦巻いているのか…【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

『7階の多目的トイレ』異世界とこの世を結ぶ何かが渦巻いているのか…【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

現役の体育教師にしてありがながら、ベーシスト、そして怪談師の一面もあわせもつ、う...

2024.05.29 20:00心霊

「人間がヨーウィーに食べられている!」人喰いUMAの存在を研究者が暴露! 政府が隠蔽した行方不明事件も!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで