少年6人同時目撃「リトルブルーマン」の正体! 雷と共に出現、異次元の“亀裂”…

 英国イングランド東部・ベッドフォーシャー州には様々な怪異が伝承されている。交差点に出現する「首折れブラックトム」、蒸留所に表れる老人の霊「キングスアームズの霊」、教会裏側を這いずり回る男の霊、霊現象が多発する「ベッドフォード病院」、壁を通り抜ける「幽霊の修道女」、またホラー映画のみならずリアル幽霊まで観られる「ニューナム修道院」などがある。

 歴史ある土地だけに様々な事例と逸話が残っているが、いわゆる「未確認動物:UMA(cryptid)」の報告もある。英国といえば「妖精」も有名であるが、近年の研究では妖精が異星人である可能性も指摘されている。インターネットが発達した今、新たな怪異が発見されるかもしれない。以下、関連記事を紹介する。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 かつてイギリスで、「リトルブルーマン」と呼ばれる謎の男が目撃された。6人の少年が目撃した不思議な存在は、地元では現在でも語り継がれているという。

1101blueman-1.jpgベッドフォードシャー。画像は「Getty Images」より引用

■学校帰りに現れたリトルブルーマン

 1967年1月28日、イングランド東部ののどかで自然豊かな町ベッドフォードシャー。その日、空は曇っていて時折雨がちらつくような悪天候であったが、学校帰りの男の子6人はいつものように近くの空き地で遊んでいた。すると、少年たちの近くで雷が落ちた。落雷の音に驚いた彼らだったが、その直後、人間とは思えぬ謎の存在と遭遇することとなる。

 目撃者の一人アレックス・バトラーさん(当時10歳)によると、雷が落ちてすぐ、20ヤード(約18m)ほど離れた藪の中に一人の“青い男”が現れたという。それは身長3フィート(約0.9m)ほどで、二つの丸い目を持ち、鼻の場所には小さく平らな三角形が付いていた。特徴的なのは青いヒゲで、胸のあたりまで伸びて左右に分かれていたという。男はつばのない、丸みを帯びた山高帽のような帽子をかぶり、青いつなぎのような服を着て、正面に15cm四方の黒い箱がついたベルトを締めていたそうだ。

 アレックス少年は驚き、急いで仲間を呼んだ。だが彼らが青い男の方へ向かって駆け出したところ、その姿は煙のように消えてしまったという。男が立っていた場所には何の痕跡もなく、興奮した少年たちは探し出して捕まえようと盛り上がった。

人気連載
ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

【手相】“ナンバー2”を狙って幸せになれる人の手 ...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

少年6人同時目撃「リトルブルーマン」の正体! 雷と共に出現、異次元の“亀裂”…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル