JRA天皇賞・秋(G1)の超極秘“穴馬”情報流出! 史上初の衆院選と同日開催でキーワードは「49」か!?

JRA天皇賞・秋(G1)の超極秘穴馬情報流出! 史上初の衆院選と同日開催でキーワードは「49」か!?の画像1
天皇賞・秋は好メンバーが揃った歴史的一戦に

■まさに注目すべき大一番!

 激戦となった菊花賞はタイトルホルダーの勝利で終わり、今週末はJRAで第164回天皇賞・秋(G1)が行われる。史上初めて衆議院選挙と同日に行われる天皇賞だけに、今回の第49回衆議院選挙にちなんで第49回天皇賞(1964年)の結果に“何らかのサイン”があるのではないか等、オカルトめいた話も含めて様々な憶測が駆け巡っている。天皇賞は春と秋でそれぞれ行われるが、秋の優勝馬を見てみるとアーモンドアイ、キタサンブラック、モーリス、ウオッカ、スペシャルウィークと錚々たる名馬が名を連ねている。やはり伝統の一戦に相応しいレースだ。

 天皇賞・秋の優勝賞金はなんと1億5000万円。わずか2分足らずのレースで1億2000万円の大金を掴めるというのは、まさに競馬ならでは(馬主は優勝賞金の80%が取り分)。ちなみにジャパンカップや有馬記念は3億円とさらに高額で、他の国内プロ競技では及ばない破格の賞金がJRA最大の魅力だ。しかし、どんな馬でも出走できるわけではない。デビューから様々な試練を乗り越え、年間7000頭以上が生産されるサラブレッドの競争を勝ち抜いた実力馬だけがスタートラインに立てるのである。そして、今年の登録馬は次の通り。

【第164回天皇賞・秋 登録馬】
エフフォーリア
カイザーミノル
カデナ
カレンブーケドール
グランアレグリア
コントレイル
サンレイポケット
トーセンスーリヤ
ヒシイグアス
ペルシアンナイト
ポタジェ
ムイトオブリガード
モズベッロ
ユーキャンスマイル
ラストドラフト
ワールドプレミア

 すでに歴史に残るレベルの名馬もいれば、過去に人気薄で何度も激走したような穴馬、さらに未だ底を見せていない影の実力馬と、まさにバラエティに飛んだ馬が揃った。これぞ日本中が注目する大一番だろう。

JRA天皇賞・秋(G1)の超極秘穴馬情報流出! 史上初の衆院選と同日開催でキーワードは「49」か!?の画像2
アーモンドアイを完封した名牝グランアレグリアも出走

 人気は間違いなくコントレイル(福永祐一騎手)、グランアレグリア(C.ルメール騎手)、エフフォーリア(横山武史騎手)の3頭に集中する。コントレイルは昨年に無敗の三冠を達成したディープインパクトの血を受け継ぐ名馬。そしてグランアレグリアは昨年の安田記念でアーモンドアイを完封するなど、現役最多のG1レース5勝という名牝。そしてエフフォーリアは今年の皐月賞を制して勢いに乗っており、テレビやスポーツ紙などマスコミの報道を見ても3強対決と言われている。

 だが、果たして本当にそうなのだろうか?

■3強対決は波乱の序曲

 実は過去に「3強対決」と呼ばれた天皇賞・秋において、その通りに決着した例は少ない。例えば、2020年はアーモンドアイ、クロノジェネシス、ダノンキングリーの3強対決だったが、クロノジェネシスは3着、ダノンキングリーは最下位に敗退。さらに2019年もアーモンドアイ、サートゥルナーリア、ダノンプレミアムの3強対決であったが、サートゥルナーリアは6着に敗退している。そういった歴史からも、今年の天皇賞・秋が素直に3頭で決着するとは思えない

 そこで、競馬学校の教官として、コントレイルに騎乗する福永祐一騎手などのトップジョッキーを育てた、元JRA騎手で元JRA競馬学校の教官徳吉一己氏が総監督を務める、競馬セブンに天皇賞・秋の最新情報を聞くことにした。プロ中のプロである彼らはこの天皇賞・秋でどんな情報を掴み、どんな見解を持っているのか? その答えは衝撃そのものであった。

■プロの結論は?

 競馬セブンは、前述の徳吉一己氏を総監督に据え、さらに元JRA調教師の小原伊佐美氏、嶋田潤氏、二本柳俊一氏、競馬記者歴40年以上の古川幸弘氏、社台グループの社台スタリオンステーション元場長という林勲氏、元札幌馬主協会理事の斉藤隆氏といった一流どころが顔を揃え、全国からどんな情報も逃さない体制を敷いている。その情報に基づいて決定された買い目は、まさに至高の境地に達しており、多くの競馬ファンがその情報を利用して毎週のように的中を重ねている。

 例えば、秋のG1レース初戦スプリンターズステークスで競馬セブンは、独占的に入手した情報から『1番人気のダノンスマッシュが勝つ事はない』と評価を下げ、1着ピクシーナイトと2着レシステンシアの2頭による決着を確信、見事的中させて馬連勝負で17万8000円を獲得している。断然の1番人気馬の凡走を見抜き、指定馬がワンツーフィニッシュを決めたのだから、競馬セブンの情報力を証明する一戦だったといえよう。

 また、競馬セブンは昨年の天皇賞・秋もしっかり的中させており、馬連だけで29万1000円の払戻を獲得。そして天皇賞の前哨戦であるオールカマーでも、3連単2万馬券を的中と実績は十分。さらに春のG1レースは11戦8勝の高い的中率を記録し、なんと馬連だけで166万8000円もの大金を獲得しているのだ。競馬で166万円もの払戻を手にできるというのは、あまりにも非現実的に思えるが、競馬セブンの情報を活用すれば可能なのである。

JRA天皇賞・秋(G1)の超極秘穴馬情報流出! 史上初の衆院選と同日開催でキーワードは「49」か!?の画像3
G1の安田記念も的中!この的中で29万5000円を獲得!

 そんなプロ中のプロはこの天皇賞・秋でどんな結論に至ったのか? 彼らのコメントは以下の通り。

競馬セブンは創業25年になります。つまり、過去25年間の天皇賞を見てきました。その中で数多くの的中をお届けしてきましたが、今年は特別なレースとなりそうです。まずマスコミで話題になっているコントレイル、グランアレグリア、エフフォーリアに関して、公にはなっていない関係者の本音を把握しており、意外な事実が分かっています。そして何よりも驚いたのは、誰もが衝撃を受ける【隠れ穴馬】が存在していることです。人気の3頭にファンやマスコミの注目が集まれば集まるほど、穴馬の激走で得られる配当も払戻金も、かなりのものになるでしょう。昨年は3強対決が崩れ、2着に人気薄フィエールマンが激走しましたが、その激走情報を把握していた我々は当然的中となりました。今年はそれ以上の結果も期待できますので、今から非常に楽しみです」

 このコメントからわかることは、マスコミが騒ぐような三強で順当に決着するのではなく、まさにマスコミノーマークの隠れ穴馬によって、まさかの波乱が巻き起こる可能性が高いということだ。そしてその情報を事前に把握できれば、誰もがこの天皇賞・秋で発生するだろう高配当馬券を手にすることも可能なのである。

 まさに必見の競馬セブンによる天皇賞・秋情報だが、なんと今回は特別に読者へ向けて無料で公開してくれるそうだ。

「今秋のG1シーズンもファンの皆様に楽しんでいただくため、天皇賞や様々な情報を無料で公開していきます。まず天皇賞に関しては、厳選の馬連3点勝負を無料で公開します。もし不的中であれば、有馬記念まですべてのG1レース情報を無料で公開します。本当に自信がなければできない企画ですよ」

 これは誰にとっても価値がある情報であり、当然のことながら今年の天皇賞・秋のみに使えるもの。もしこのチャンスを逃してしまえば、その後悔とショックは計り知れない。春のG1レースで166万円を獲得した競馬セブンの実力は本物。誰もが競馬の勝ち組となれる絶好のチャンスなのだから、ぜひこの機会を逃さず無料情報をゲットし、天皇賞・秋は馬券を買って勝負してみてほしい。

 もちろん天皇賞・秋が終われば、1カ月後にはジャパンカップ、そして年末には有馬記念が待っている。もしかしたら天皇賞・秋以上のビッグチャンスとなるかもしれないので、先を見据える意味でも、今週は競馬セブンの無料情報をしっかりとチェックしておこう。

CLICK → 無料公開!【天皇賞・秋「馬連3点勝負!」】競馬セブン

※=本稿はPR記事です。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

【手相】“ナンバー2”を狙って幸せになれる人の手 ...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

JRA天皇賞・秋(G1)の超極秘“穴馬”情報流出! 史上初の衆院選と同日開催でキーワードは「49」か!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル