危険すぎる禁断の秘術「タルパ」とは!? 自分の化身が現れて殺される… 真似厳禁!!

危険すぎる禁断の秘術「タルパ」とは!? 自分の化身が現れて殺される… 真似厳禁!!の画像1
画像は「Getty Images」より

※ こちらの記事は2021年10月28日の記事を再掲しています。

 意識を集中させることで無から魔術的な物体や人格のある存在を作り出す秘術「タルパ」は、チベット密教の奥義として今も広く信じられている。日本語では“思念体”とも訳されるが、まるで漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の「スタンド」、『亜人』の「IBM/黒い幽霊」のような非科学的な存在が現実に存在するのだろうか? 「Mysterious Universe」(10月27日付)の興味深い記事を紹介しよう。

 タルパ(tulpa)という言葉はチベット仏教で“化身”を意味するトゥルパに由来する。歴史上のブッダも仏のトゥルパ(化身)だと考えられているが、チベット仏教では独自の解釈が加わり、如来、菩薩、過去の偉大な仏道修行者の化身としてこの世に姿を現したとされるラマをトゥルク(転生ラマ)として敬う伝統がある。チベット仏教最高指導者であるダライ・ラマ14世も観音菩薩のトゥルクである。

 さて、そんなトゥルパは神智学の影響を受け、西洋で独自の概念を発達させた。それがタルパである。現在のタルパのイメージを作り上げたのは、チベット密教研究の“パイオニア”とされるアレクサンドラ・デビッド=ニールだ。彼女は1928年刊行の『Magic and Mystery in Tibe』(邦訳『チベット魔法の書』徳間書店)の中で、タルパを作りあげた経験を語った。

「タルパを見ることはほとんどありませんでしたが、私の疑い深さが自分でタルパを作る体験に導いてくれました。私の試みはある程度の成功を遂げたのです」(同書より)

 ニールは意識を集中させることでタルパを1時間ほどは“維持する”ことができたというが、同時にその危険性も指摘している。

「タルパに生命力が備わり、本物の存在としての役割を果たせるようになると、作り手の支配から逃れようとします。チベットのオカルト研究者によれば、これはほとんど機械的に起こることで、ちょうど子どもが体を完成させて離れて暮らせるようになると、母親の胎内から出ていくのと同じです。時には、亡霊が反抗的な息子になることもあり、術者とタルパの間で起こった不気味な争いを耳にすることもありますが、前者は後者によってひどく傷つけられたり、殺されたりすることもあります」

危険すぎる禁断の秘術「タルパ」とは!? 自分の化身が現れて殺される… 真似厳禁!!の画像2
画像は「Getty Images」より引用

 彼女が作ったタルパは、丸々としたにこやかで陽気な僧侶の形をしていたという。しかし、その状態を維持するためには、何カ月もの献身的な努力が必要だったそうだ。時間が経つにつれ、ぽっちゃりした僧侶は断片的な思考形態ではなく、完全な人間のようになっていき、スリムになり、引き締まってしなやかになったという。太った顔に代わって、彫刻のような頬骨が現れ、そして邪悪な顔になったそうだ。遂には彼女のタルパは、「支配から逃れる日がついに来た」と言い放ったそうだ。

 ニールはすぐに知り合いの僧侶に相談し、タルパを消し去ることにしたという。だがそれも長く困難で、最終的に完全に消し去るまでに半年かかったというから恐ろしい。彼女のタルパは明らかに「生きようとしていた」という。

 ニールの行なっていた儀式の詳細は分からないが、チベット仏教で実際に行われているグルヨーガに似ているような印象を受ける。グルヨーガではラマ(上師)の姿を自らのヴィジョンの中で具現化するが、タルパと通じるところがある。

 さて、タルパはニールの心の中にだけ存在したのか、それともこの世界に実在したのだろうか? それは今となってはわからないが、タルパは「スレンダーマン」や「口裂け女」などの都市伝説的なモンスターの存在を裏付けるものとなるかもしれない。

参考:「Mysterious Universe」、ほか

編集部

TOCANA|世界をオルタナティブな視点で読み解く
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

危険すぎる禁断の秘術「タルパ」とは!? 自分の化身が現れて殺される… 真似厳禁!!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル