不気味な「泣く木」が撮影される! 苦痛に満ちたリアルな泣き声…=パキスタン

 パキスタンにて、森の中に「まるで泣いているかのような声を出す木」が発見され、あまりに不気味な現象のためパキスタン国内で話題になっている。

不気味な「泣く木」が撮影される! 苦痛に満ちたリアルな泣き声…=パキスタンの画像1
画像は「YouTube」より

 不気味な「鳴き声をあげる木」はイスラマバード市内の森の中の小道にて、ロケ中だった俳優のAhmed Ali Akbar氏が見つけたという。彼は自身のインスタグラムに短い動画を投稿、「我々は奇妙なことを経験しました」と書き添えた。問題の木は30センチメートルほどの太さの幹に「コインほどの大きさがある完璧な穴」が空いているというもの。映像では円形の開口部からまるで「苦痛に満ちた子供の叫び声」のような音が響く様子が捉えられており、「あなたが見聞きしているものはフェイクではありません」とAkbar氏もコメントしている。

 この不気味な現象を捉えた映像はパキスタン国内のSNSで瞬く間に拡散し、超常現象ではないか、木に何らかの霊が取り憑いているのではないかというコメントが多く寄せられたという。しかし、この現象は同じパキスタンの有名人であるアヌシー・アシュラフさんによって解説された。彼はこの音は木が「ひどい脱水症状」に陥って助けを求めているのだと説明。乾燥した木にちょうど良いサイズの穴があいていたことから、空気の通り穴ができて笛のように共鳴していたものと考えられるそう。音こそ不気味ではあるが、科学的に説明できる現象だったようだ。

参考:「Coast to Coast AM」ほか

【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

関連キーワード:, ,

文=勝木孝幸(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ミステリーニュースステーションATLAS編集部員
ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーションATLAS」では、UFO、UMA、幽霊、怪談、都市伝説など過去から最新のニュース紹介。

勝木孝幸(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

不気味な「泣く木」が撮影される! 苦痛に満ちたリアルな泣き声…=パキスタンのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル