牛の惨殺事件の背後に宇宙人が存在か? 警察がUFO調査員を投入!=米

牛の惨殺事件の背後に宇宙人が存在か? 警察がUFO調査員を投入!=米の画像1
画像は「Getty Images」より

 先日、トカナ及びアトラスではオレゴン州で相次いでいる奇妙な牛の殺害事件について紹介したが、実は同様の事件はテキサス州でも起こっていた。

 問題の事件はテキサス州ローンスター郡など3つの郡を中心に発生しており、ここ数週間で6頭の牛が死んでいるのが発見されている。いずれの牛も舌が外科手術のような精密さで取り除かれており、どの現場も不快感を与える不気味なものだったという。牛の中には性器が切除されているものもあったそう。さらに現場に血痕や足跡、タイヤの跡や争った形跡もなく、死体が亡くなった場所から移動された痕跡も発見されていない。

 あまりに奇妙な牛の死体発見が相次いでいるため、宇宙人の仕業である可能性が浮上。この度現場の調査を助けるためにUFO調査員が投入されることとなった。

 現場で調査を行ったUFO調査官のティム・ドイル氏は、死体の切り口があまりにも精密である点から、無軌道なティーンエイジャーやある種のカルト集団による犯行ではないと考えた。現場に足跡やタイヤ痕がなかったことから、航空機による牛の移動の可能性についても指摘している。

 これまでのキャトルミューティレーション事件(※)では当局が天敵になる野生動物の仕業と最終的な結論を下したこともあったが、外科的な切り傷や体の一部の切除については納得のいく説明がなされていなかった。だとすると、今回テキサス州で起きた牛の変死事件はやはり宇宙人によるものだったのだろうか。

(※) キャトルミューティレーションは、家畜(とりわけ牛)が突然死し、性器や目などが切り取られ、血液も抜かれた状態で発見される異常現象。事件前後に未確認飛行物体(UFO)が目撃されることも多く、宇宙人の仕業ではないかともいわれている。

 キャトル・ミューティレーション現象とも言われる牛の変死事件は何十年間もアメリカ全土で継続して報告されており、1960年代には11州で200頭の牛が原因不明かつ同様の変死状態で発見されたと報告されている。今回の牛の変死事件も更に規模が拡大していくのだろうか。気になるところだ。

参考:「Daily Star」ほか

【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

文=飯山俊樹(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ミステリーニュースステーションATLAS編集部員
ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーションATLAS」では、UFO、UMA、幽霊、怪談、都市伝説など過去から最新のニュース紹介。

飯山俊樹(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

牛の惨殺事件の背後に宇宙人が存在か? 警察がUFO調査員を投入!=米のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング05:35更新