「UFO公聴会での暴露は氷山の一角」 元米海軍パイロットが証言! 未確認飛行物体のほとんどが報告されていない状況

「UFO公聴会での暴露は氷山の一角」 元米海軍パイロットが証言! 未確認飛行物体のほとんどが報告されていない状況の画像1
UFO公聴会でのライアン・グレイブズ氏(左)、デイヴィッド・グルシュ氏(中)、デイヴィッド・フレイヴァー氏(右)(画像は「Getty Images」より)

 元米海軍パイロットのライアン・グレイブスは、7月26日に行われたアメリカ下院議会におけるUFO(※1)に関する公聴会にて、自身の体験について語った証人のうちの一人である。

 グレイブス氏によれば、10年ほど前にUFOを直接目撃したことがあるという。その物体が何であるかはわからないが、カテゴリー4に該当する巨大なハリケーンの風にもかかわらず、不可解なことに “全く風に流されたりして動くことはなかった”という。そして先日、ライアン氏は「Newsweek」誌の新しい記事で、このような目撃例は米軍パイロットにとっては「氷山の一角」だと主張した。

「今日でも、同じようなUAPが目撃されており、それが何なのかまだわかっていない。民間機、軍用機を問わず、パイロットはUAPに遭遇しており、その大半は報告されていない。私が話をするUAP目撃者の大半は、大手航空会社の民間パイロットである。多くの場合、彼らは数十年の飛行経験を持つベテランである。それなのになぜ政府は、何百万もの人々の安全に責任を負い、国家安全保障を守ろうとする、信頼できる目撃者からのUAP報告に背を向けているのでしょうか?」

「UFO公聴会での暴露は氷山の一角」 元米海軍パイロットが証言! 未確認飛行物体のほとんどが報告されていない状況の画像2
画像は「Getty Images」より

 こう語る彼のコメントは、近年自らの目撃談を述べるために名乗りを上げた他の軍パイロットたちのコメントと呼応するものである。その一方で、こういった証言を明らかにすることがパイロットにとっていかに困難か批判している。

 近年はUFOもといUAPに関する報告は受け入れられやすくなったようだが、状況が好転するかどうかはまだわからないという。空の上で奇妙なものを目撃したパイロットたちの受難は続きそうだ。

(※1) UFO(Unidentified Flying Object:未確認飛行物体)は、説明のつかない航空現象をすべて含むが、現在は「宇宙人の乗り物」という意味で用いられることが多い。そのため、現在アメリカ軍では「宇宙人の乗り物」という意味合いが強くなったUFOに替えて、説明のつかない航空現象に対し、「UAP(Unidentified Aerial Phenomena:未確認航空現象)」という呼称を採用している。

参考:「Newsweek」「ComicBook

【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

関連キーワード:, ,

文=飯山俊樹(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ミステリーニュースステーションATLAS編集部員
ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーションATLAS」では、UFO、UMA、幽霊、怪談、都市伝説など過去から最新のニュース紹介。

飯山俊樹(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

「UFO公聴会での暴露は氷山の一角」 元米海軍パイロットが証言! 未確認飛行物体のほとんどが報告されていない状況のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング05:35更新