1991年に失踪した男性、30年後に記憶を失い同じ服を着て戻ってくる=ルーマニア

 30年の空白の歳月をどう解釈すればよいのか――。仕事に出かけたまま帰ってこなかった父親がその30年後、出かけた時と同じ服装のまま何もなかったかのように帰宅したのである。

■出張から30年後に帰宅した父親

 毎年、一定数の人々が行方不明になっているが、その中には家族も諦めて忘れていた頃に姿をあらわすケースもある。この驚愕の現象をどう理解すればよいのか。

 ルーマニア・バカウ在住の農業従事者、バシレ・ゴルゴス氏(当時63歳)は1991年のある日、家畜の牛の商談のための出張に出かけた。

 普段と変わらぬ定期的な出張旅行であるはずだったが、帰宅予定日を過ぎてもゴルゴス氏は帰ってこなかった。

 心配した家族は警察に連絡して捜索が行われたが、ゴルゴス氏の行方を辿る手がかりはまったくつかめなかった。

 警察に連絡してから数日が数週間に、数週間が数カ月に、そして数カ月が数年に変わるにつれ、家族は不承不承ながらも彼が亡くなったのだと諦めるほかになかった。家族は一家の大黒柱の死を悼み内輪だけの葬式を行い、その後は毎年、追悼式を行うようになっていた。

 行方不明から30年後の2021年8月29日、ゴルゴス家の屋敷の前に一台の車が停まった。車から降り立ったのは93歳のバシレ・ゴルゴス氏だった。30年が経ったにもかかわらず、彼は出発した時と同じ服を着ていたのだ。彼が降りると車はすぐに走り去って行ったという。

「Howandwhys」の記事より

 30年の歳月で当然高齢になっていたゴルゴス氏だったが、身体的には健康そうであった。家族が今までどこにいたのかと質問しても、ゴルゴス氏は取り留めのない返答をするだけであった。

 そして驚くべきことに上着のポケットには身分証に加えて30年前の日付の電車の切符が入っていたのだ。

 居場所や過去30年間の出来事についての質問に、ゴルゴス氏はずっと自宅にいたと冷静に答えたのだが、どうやらこの30年間の記憶がないように思われた。30年前の状況はよく憶えていたのだが、その後の自分が今まで何をしていたのかまったく憶えていないようであった。つまり数日間の出張から帰宅したのと変わらないことになる。

「私たちは彼のことを理解できていません。彼は自分が何を言っているのかも分かっていません。牛の飼育と販売に携わった当時のことを語ります。私たちが彼に何かを尋ねると、彼は別のことを答えます。どこにいたのか、誰が彼を引き留めたのか、彼は働かされていたのか、彼がどのような人生を送ったのか誰にも分かりません」とゴルゴス氏の長男は地元メディア「EVTバカウ」に話している。

 ゴルゴス氏は病院で精密な健康診断を受けた結果、高齢にもかかわらず良好な健康状態であることが判明したが、やはり過去30年間に起こったことを何も思い出せない記憶障害にあった。まるで30年前で時間が止まったかのようであったのだ。

 ゴルゴス家の近所の幾人かも彼の帰還を目撃したが、あまりの驚きからか、車のナンバープレートを確認していた者はいなかった。さらに謎なのは、ゴルゴス氏が車から降りた瞬間、運転手は急いで車を発進させて走り去ったことだ。この運転手、あるいはこの運転手に運転を依頼した者は誰なのだろうか。

ゴルゴス氏の身分証 「Howandwhys」の記事より

■パラレルワールドに迷い込んだのか?

 バシレ・ゴルゴス氏の不可解な失踪と帰還を説明するために、さまざまな仮説が浮上した。一説によると、彼は新しい人生を歩むために家族を捨てた可能性があり、一緒に暮らしていた人物が高齢になった彼を見捨て、彼を本来の家族のもとへと送り返したのではないかという。

 また30年前のゴルゴス氏は実は不幸の只中にあり、自ら家族のもとを去ったのではないかと考える者もいる。新しい人生を始めたものの、齢を重ねるにつれて元の家族を懐かしく感じ戻ってきたのではないかというのだ。

 あるいはゴルゴス氏が農場で奴隷労働をさせられていたのではないかという憶測もあるようだ。彼が戻ってきたのは、もう働けなくなったからかもしれないし、彼を使役していた人々が亡くなったからかもしれないという。しかしゴルゴス氏には身体を酷使していた形跡はなかった。

 もっと創造的なアイデアは、ゴルゴス氏が実験のために宇宙人に誘拐されたという「エイリアン・アブダクション説」だが、その多くは誘拐された時の異常な状況を憶えているものだが、ゴルゴス氏にはその記憶はないようだ。

画像は「YouTube」より

 精神医学の分野ではゴルゴス氏が解離性逃避を経験したのではないかとの指摘もある。これは彼の思考力が低下し長期にわたって記憶喪失に至った可能性があり、歳を重ねたことで、わずかな記憶が甦り帰宅したのかもしれないという。

 ゴルゴス氏が2つの異なる人格を持つ解離性人格障害を患っていた可能性があるとの指摘もあるが、この障害は通常、散発的に人格が切り替わるもので、1つの人格のまま何十年も過ごす可能性はほとんどないということだ。

 さらに想像力豊かな可能性の1つは、ゴルゴス氏が1991年の電車旅行中に異次元空間に移動し、30年後にまた戻ってきたのではないかという説だ。この説は30年という歳月が数日程度と認識している理由を説明し得る可能性があるが、ゴルゴス氏が今の自分が63歳ではなく93歳であることを知った時に驚かなったこととは矛盾するかもしれない。

 ゴルゴス氏の30年間という“空白期間”はきわめて稀なケースであるが、行方不明者が数カ月や数年後に戻って来るケースはほかにも記録されている。そしてやはりその多くは、当人がその期間に何があったのか憶えていないか、あるいは話すことを拒んでいるのである。

「ずっと家にいた」と話すゴルゴス氏は、ひょっとするとパラレルワールドのゴルゴス家で30年間暮らしていたのだろうか。いずれにせよ、謎の車のナンバープレートは現在に至るまで特定されておらず、この30年間のゴルゴス氏の足跡もまったく手がかりがつかめていない。ゴルゴス氏がまだ存命の間に新たな進展を見せることがあるのかきわめて気になるケースである。

参考:「Howandwhys」ほか

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.03.19 16:30スピリチュアル

1991年に失踪した男性、30年後に記憶を失い同じ服を着て戻ってくる=ルーマニアのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル