>  > 人の住む場所ではない、江東区・東雲の脱法シェアハウス!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 2020年の東京五輪開催に向けて再開発事業に加速がかかる中、拙筆「東京、ヤバい街、ダサい街ベスト5」にて実際に知人の不動産会社を営むA社長に取材したところ、1位には、今非常に人気の土地、江東区の東雲(しののめ)という、意外な街が食い込んできた。

「不動産屋とは、いち早く、社会の流れ…、それも見えにくい闇の部分に気付く」と語るA社長は、将来を見据えた展開像と共に、1位の理由に意外なキーワードを出したのである。それは、「東雲」という煌びやかなイメージとはほど遠い「脱法シェアハウス」の存在だった。


■闇にはびこる「脱法シェアハウス」

shio1.jpg

 脱法シェアハウスとは、複数人が生活するために一つの住宅を勝手に間切りしたもので、移住空間となるのは平均1~2畳といった極めて小さなスペースである。建築基準法において居住用として用いるためには、各部屋に換気や採光用の窓を設置することが義務づけられているが、当然そんなものは守られていない。火災報知機の設置など消防法上の問題もあれば、ベニヤ板で区切られただけの部屋はプライバシーなどあったものではない。そういった部屋でも月額使用料は3万円ほどが相場であり、空きが出ればすぐに埋まってしまう程ニーズがあるのだという。

 この背景には、低所得で雇用が不安定な単身者が増加し、住宅確保が困難となっていることが挙げられる。初期費用や保証人が不要といった条件は、住宅困難者の受け皿となっているようだ。かつてネットカフェ難民と呼ばれた人々は、こうした脱法シェアハウスに流れている。ただ、脱法シェアハウスは東雲に限ったことではなく、探せば都内各地のマンションの一室などに散在している。そこであえて東雲を名指しするのには、中国人の悪質な経営者の存在にあるのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。