>  > 世界で最も奇妙な「Flip Ship」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 全長110メートル、700トンもの巨大船が海上で自立する、そんなSF映画のような船が実際に存在するのだ。「FLoating Instrument Platform」の頭文字をとって「Flip」という。この巨大船「Flip」自身がFlip(宙返りする)というのは粋なアメリカンジョークというところか。世界に唯一、一隻しか存在しないこの船は、おそらく世界で一番おかしな船だといっても過言ではない。

■ノーベル賞受賞者50人、驚きのネーバル海洋研究所

flop2.jpg
画像は、「Maritime Connector」より

 これが「Flip Ship」の全容だ。写真を見ていただければ分かるように、細長いバットのようなかなり特徴的な形をしている。

 「Flip Ship」は、1962年、米国政府が海軍省に設置したネーバル海洋研究所によって開発された海洋調査船で、今でも現役で活躍中だ。ネーバル海洋研究所は、長期的視野のもと技術革新のために様々な大学、政府研究所を支援する目的で1946年に設立され、今日までに50人ものノーベル賞受賞者を排出しているという凄まじい研究所なのだ。その研究分野は幅広く、リチウム電池やGPS衛星など多岐に渡る。

 1960年代に入って、潜水船、水中機器の発展に大きく貢献したネーバル海洋研究所が開発した「Flip Ship」、一体なにが凄いのかと言えばまさにFlipすることだ。実際に海洋探索中の勇姿がこちらだ。

関連キーワード

FLIP

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。