>  >  > 呪いの「ミイラ王女」発掘後に再び埋葬へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 ロシア紙「シベリアタイムズ」は、22年前にロシアのアルタイ共和国で発見されたミイラが、このほど「ある事情」により発掘現場へ戻されることになったと伝えている。


■2,500年前の「アルタイの王女」のミイラ

 1993年、モンゴル、中国、カザフスタンとの国境にあるロシア・ウコク高原で、2,500年前の女性ミイラが発掘された。永久凍土により抜群の保存状態の彼女は、のちに「アルタイの王女」と呼ばれるようになる。

icemummy1.JPG
1993年に発掘された「アルタイの王女」 画像は「YouTube」より

 発見当時、王女は6頭の馬と2人の男性と共に埋葬されており、推定年齢は25歳くらい。頭髪を剃り落し、木製のシカのチャームがついた馬毛のウィッグを被っていた。ほぼ白骨化していたが左肩と腕には皮膚が残っており、驚くべきことにタカのくちばし、ヤギの角、シカの頭などのタトゥーが施されていたのだ。中国製シルクのドレスやフェルトのブーツ、毛皮のコートを身にまとい、ゴールド、ブロンズの装飾品や化粧ポーチも出土した。当時、中国製シルクはゴールドより価値があり王族の葬礼でのみ使用されたことから彼女の社会的地位の高さが伺い知れた。だが謎が残る。王族の埋葬にしては質素過ぎるのだ。

 2014年、この長年の謎を解くのに一役買ったのがMRI画像診断だ。ロシア医学アカデミー生理学研究所のアンドレイ・レチャギン氏は「(落馬による)全身の損傷が確認できるが、彼女の直接の死因は乳がん」と話す。MRIには右胸に初期の腫瘍、右腋窩リンパ節への転移がはっきりと映っていた。20歳頃に乳がんを発病し、5年ほどかけて進行していったものと考えられる。そして彼女がウコン高原に辿り着いたときには乳がんは末期状態となり、激痛とそれを緩和するための薬物の常用で体力を消耗していたと推測される。そんな状況の中、落馬し大怪我を負ったというのがレチャギン氏の見解だ。しかし何故、冬のウコク高原へ末期がん患者が馬に乗って出かける必要があったのだろうか?

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。