>  >  > 自ら変形・移動する金属! 映画が現実に?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ターミネーター

,

中国

,

研究

,

金属

T1000_3.jpg
画像は「YouTube」より

 映画『ターミネーター2』(1991年)には、どのような物にも擬態できる液体金属製のターミネーター「T-1000」が登場し、主人公たちを苦しめた。CGを用いた斬新な表現に、当時ド肝を抜かれた人も多いのではないだろうか。しかし、映画の公開から20年以上を経て、実際にこのようなロボットの開発につながる可能性を秘めた発見がなされたようだ。


■不思議な金属の正体とは!?

 今月3日、学術誌「Advanced Materials」上で“自在に変形し、自ら駆動する”驚くべき金属についての研究成果を発表したのは、中国・清華大学のチン・リウ博士が主導するグループだ。それによると、不思議な金属の正体とは決して未知の物質ではなく、液体のガリウムにインジウムとスズを加えた合金であるという。この液体合金を、水酸化ナトリウム溶液(または塩水)に浸し、そこに“燃料”となるアルミニウム片を入れると、一定の間だけ動きはじめることが判明したのだ。容器次第で、形を変えながら直線や曲線を辿ったり、円を周回するなど様々な動きが可能であるとのこと。

動画は「YouTube」より


■動きのメカニズムが判明!!

「この不思議な振る舞いは、自然界の微生物とよく似ています。生物の定義とは何なのか、改めて考えさせるものです」

T1000_2.jpg
画像は「YouTube」より

 こう語るリウ博士だが、今回の現象に初めて触れた時には、事態をまったく呑み込むことができなかったという。しかしその後の実験によって、液体合金が自在に変形し、自ら駆動するメカニズムが次第に明らかになってきた。まず、液体合金中で電荷の不均衡が起き、圧力の差により推力が生じていることが判明。そして、アルミニウム片が水酸化ナトリウムと反応することで生じる水素の泡が、動きを加速させていることが確認されたのだ。

 さらにリウ博士たちは、液体合金を固定している場合には、毎秒50mlの水を動かす(移し替える)ポンプのような役割を果たすことも確認、「外部電源を必要としない、世界初の冷却装置の実現に今すぐにでも応用可能」としている。

ターミネーター2 特別編

ターミネーター2 特別編

いつ観ても名作は名作!

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。