>  > ノーベル平和賞候補の故ポール・ソロモン氏の予言を検証する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

ポール・ソロモン

,

山田高明

,

預言者

0515soromon_main.jpg
※イメージ画像:『愛と恐れ』著:ポール・ソロモン/出帆新社

 ポール・ソロモンという人物をご存知だろうか。すでに故人(1994年没)だが、アメリカの牧師兼霊能力者で、エドガー・ケイシーと同じように、トランス状態においてリーディング能力を発揮したとされる。しかも、キリスト教の既成概念を超えて輪廻転生を肯定し、太古のアトランティスや未来予言についても語っていることもケイシーと酷似している。

 また、現実の奉仕活動を主宰した点も特徴で、93年にはタイで奴隷状態にある子どもたちの解放に尽力した功績によりノーベル平和賞に推薦までされているため、その辺の自称霊能者の方々とは次元を異にすることがわかろう。


■日テレの番組で予言した内容が的中か?

 実は、そのソロモン氏は、1991年に来日し、三宅裕司氏が司会を務める『EXテレビ』という深夜番組(日本テレビ)に出演していた。しかも、生放送中にリーディングにチャレンジするという趣向で、タイトルはズバリ、『初公開! チャネリング大予言』。つまり、「その場で近未来を予言する」というのが企画だった。リーディングは結果的に成功したようで、その模様はYouTube動画で視聴することができる。

 さて、放送されてから24年たった今、改めて当時の番組を振り返ってみると、たいへん興味深い。時期は外れているものの、内容的にはかなり当たっているという印象を覚えるからだ。


・リーマン・ショック、ISテロ、第三次世界大戦の勃発

 冒頭、ソロモン氏(の身体を借りている何らかの実体)は、ノストラダムスの1999年人類滅亡説について尋ねられると、「ノストラダムスがそのように言ったということになっているが、まったく誤解されている」と一蹴する。そもそも、この説はもっとも有名な『百詩篇集 10巻72番』が元になっているが、実際、詩にも滅亡云々といった内容は一切記されていないため、これは納得できよう。ただし、ソロモン氏は近未来の破局自体は到来すると予言した(人類の努力次第で不可避ではないが、このままでは起きる可能性が高いというスタンスだが)。それが世界的な経済崩壊と第三次世界大戦の勃発である。

 番組で実演されたリーディングの順番と前後が異なるが、ソロモン氏は、前者について「すでに始まっている」とし、借金と政治的な操作をベースとしたバブル経済と呼ばれるものが、それに当たるとした。その行き過ぎによって、90年代のうちに世界経済が破綻し、また何らかの異常気象(?)によって7年間の食糧危機が来るのだという。

 周知のとおり、これは外れた。ただ、2008年、実体経済とかけ離れた金融資本主義の行き過ぎを原因として、リーマン・ショック(※米大手投資銀行のリーマン・ブラザーズ破綻をキッカケとする世界的な金融危機)が起こったのは記憶に新しい。肯定的に見れば、ソロモン氏は、危機の本質自体は見抜いていたともいえる。しかも、リーマン・ショック以降、まさにその「借金と政治的な操作」の問題が顕著になり、先進国は景気を下支えするために軒並み極端な金融緩和政策を余儀なくされている。つまり、世界的な経済危機はまだ去っていないか、またはこれからが正念場とも言えるのだ。そういう意味で、たしかに時期は20年以上もズレたが、内容的にはかなり的中していると思えなくもない。

関連キーワード

コメント

2:匿名2015年11月27日 07:20 | 返信

>1
第三次世界大戦などは世界の自然な流れで起きるのではなく、念蜜に計画され決まった年に必ず起きる。

日本は参加するorしないの選択権は一切なく、TPPのように強制的に参加させられる。
このまま国民の世論が左化し、反戦ムードが激しくなればどこかの国が日本に爆弾を落とし世論を一気に変え、強制的に参戦するしかない状態にもっていくだろうね。

大昔からそうだが、日本はアメリカなどの欧米や中国などの世界に振り回され言いなりになるしかない、一切の主張や選択権がこの国には無いということ。

逆らえば、また何万人と死者が出る。

1:匿名2015年5月29日 04:46 | 返信

第三次世界大戦が起こるが、日本は絶対に参加するな、戦後の平和路線を壊すな、とノーベル賞候補のソロモンさんが警告している!

これ、ものすごく重要な内容なので、編集部はぜひとも次のPICKUPにセレクトして目立つところにさらしてほしい!

できるだけ多くの人に、このソロモンさんのメッセージを伝えてほしい!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。