>  >  > “着物姿のヒトラー”の写真が発見される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

ドイツ

,

ナチス

,

ヒトラー

,

独裁者

,

着物

 今月22日、かつてナチス・ドイツ(第三帝国)を率いた独裁者アドルフ・ヒトラーが、若かりし頃に描いた水彩画などがオークションにかけられ、合計で5,580万円近くの値をつけたとして話題になっている。しかし今、ヨーロッパではヒトラーの意外な姿を収めた写真が公開され、こちらにも大きな注目が集まっているのだ。早速、その写真をご覧いただこう。

HitlerInKimono.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 ぐいっと左へと流した髪型と、あのチョビ髭――。写真の人物がヒトラーであることは一目瞭然だ。しかし、何かが違う。そう、彼の服装だ! 日本の紋付袴を着ているではないか!!

 今まで誰も見たことのなかったヒトラーの和装姿は、1936年に大日本帝国とナチス・ドイツの間で調印された日独防共協定(のちに枢軸体制へと発展)を記念して撮影されたと考えられている。撮影者や撮影場所についてハッキリしたことは判明していないが、当時ヒトラーを崇拝する人々の間で出回っていた雑誌に収録されていたという。今年の初めに発見され、ついに一般公開されたのだ。

 軍服姿のイメージが強いヒトラーが着物で正装している様子は、確かに人々の意表をつくものだ。しかし、この写真をもってヒトラーが日本人や日本文化を深く理解していたと考えるのは早計だろう。彼は、著書『わが闘争』において、「一等種(文化創造種)はアーリア民族であり、日本人や他の民族は二等種(文化追従種)に過ぎない」と明確に定義している。いずれにしても、戦後70年の節目となる今年、さまざまな新しい発見がなされているようだ。
(編集部)


参考:「The Daily Mail」、「AFP」、ほか

わが闘争

わが闘争

まんがで読む、狂気の真実

人気連載

奇習!九州で実在? 輪姦・相互鑑賞…なんでもアリな乱交貸し風呂

【日本奇習紀行シリーズ】 九州・某県 ※イメージ画像:Thi...

奇習!母娘の「親子丼」を正当化した邪悪な男たち―ある資産家男性の告白

【日本奇習紀行シリーズ】 北関東 ※イメージ画像:Think...

コメント

2:菊千代2016年5月29日 02:24 | 返信

着物のシワが真っ直ぐすぎなので体部分は絵でしょう。

1:匿名2015年9月10日 15:29 | 返信

これを見ると「あっそう(興味無い)」は日本人に(とっては)真顔
(ドイツ人は真剣だったかも)で答える当時のドイツ人の印象をそのままに表しちゃったから
ドイツの「アッソウ(成程、納得した)」と微妙に行き違ったんじゃないかと思えるな。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。