>  >  > “パクチー問題”は遺伝子レベル!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

DNA

,

Maria Rosa.S

,

アスパラガス

,

パクチー

,

石鹸

,

 日本でも段々メジャーになってきつつある食材、パクチー。都内では専門店も複数オープンするなど、人気や知名度も上昇中だ。

 パクチー(タイ語)、コリアンダー(英語)、香菜(シャンツァイ/中国語)、シラントロ(スペイン語)などさまざまな呼び名があるが、世界中で親しまれているハーブのひとつである。

 独特の風味にハマる“パクチスト”がいる一方で、吐き気がするほど受けつけない人がいるのも特徴だ。


■パクチーは石鹸の香り!?

coriander1.JPG
画像は「Wikipedia」より

 このパクチーに科学者たちも注目。

 およそ7人に1人がパクチーの香りを「石鹸のようだ」と感じているといわれ、驚いたことにパクチーが好きか嫌いかは、遺伝子の構造と関係していることがわかってきたという。

 人間には、化学物質の匂いを検出する働きのある8つの遺伝子コードが備わっているが、その中のひとつである「OR6A2」の塩基対は、ヨーロッパ人の半数が持っているといわれ、この塩基対を持っているかいないかで、食べ物の好みが変わってくるのではないかと以前から指摘されていた。

 少し前にアメリカの遺伝子解析サービス「23andMe」は顧客5万人にパクチーが好きかどうか、そしてパクチーが石鹸の味がすると感じるかどうかの調査を実施し、やはりこの「OR6A2」がパクチーの好き嫌い(石鹸の香りに感じる)に大きな影響を及ぼしているのではないかと結論づけた。

 この調査に基づく研究によれば「OR6A2」遺伝子に変異がある人はパクチーが放つアルデヒドに対して敏感になり、同じくアルデヒドを多く含む石鹸と同じ匂いを感じるというのだ。あなたはパクチーと石鹸が同じ匂いだと感じるだろうか……。

関連キーワード

DNA

コメント

2:匿名2015年7月30日 08:18 | 返信

日本人は概ね嫌いだよね。もちろん僕も好きではない。我慢すれば食べられるけど…

1:匿名2015年7月20日 19:49 | 返信

大嫌い。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。