>  > 兵器を無力化する超兵器が開発!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ハイテク

,

仲田しんじ

,

兵器

,

軍事

 ドローン爆撃機やイージス艦、軍事衛星などハイテク化が進む軍事兵器の分野だが、ロシアで最近、“革命的な”秘密兵器が開発されたという――。


■巡航ミサイルや軍事衛星を無力化

russiaweapon1.JPG
Tass」の記事より

 いったいどんな兵器なのか……。それは攻撃用兵器ではなく防衛システムだという。敵の兵器の“スイッチを切る”ことで無力化する軍用装備だというのだ。

「スイッチを切る」とはどういうことかというと、昨今のハイテク化、電子化した兵器の操作系を妨害(ジャミング)して無効化する、無線電子技術による防衛システムのことである。そのコードネームは「Krasuha-4」だ。

 この「Krasuha-4」システムを開発した「ロシア無線電子技術グループ(KRET)」の代表でCEOのユーリ・マエウスキー氏は「このシステムは、敵のミサイル艦や戦略爆撃機をターゲットにしており、外国の軍事衛星の無線電子装備を無力化する」と政府系メディア「Tass」の取材に答えている。具体的には、巡航ミサイルの誘導システムや、軍事衛星を利用した位置情報システムを無効化できるといういうことだ。つまり、現在我々がスマホやカーナビなどで利用しているGPS機能なども働かなくなるのだ。

 この無線電子防御システムは各基地への配備はもちろん、軍用機や軍用艦に装備できるこれまでにないまったく新しい対電子戦システムであるということだが、当然のことながら技術の詳細は軍事機密である。しかしながら国際的なルール上、人工衛星には装備できないということだ。

russiaweapon2.JPG
画像は「YouTube」より

人気連載

奇習!母娘の「親子丼」を正当化した邪悪な男たち―ある資産家男性の告白

【日本奇習紀行シリーズ】 北関東 ※イメージ画像:Think...

顔に改造ウジ虫を垂らし、死人続出! 理解不能な【封印ナチス映画】『ヒットラー蘇生計画』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。