• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 いま、アフリカのアンゴラ沖でクラゲのような外見を持つ摩訶不思議な生物が発見され、「某有名宗教の神が降臨か!?」と巷で話題を呼んでいる。

■多数の個体が集まった「マガタマニラ」

 大西洋の水深1,325メートルで、遠隔操作無人潜水艇(Remotely operated vehicle、ROV)が発見した謎の生物――。海洋石油・ガス会社は、深海に複数のROVを設置しており、海洋生物の研究所と合同で調査を行うケースが多いそうで、今回の発見も「Serpant Project」と呼ばれる調査の最中になされたという。

bathyphysa1.JPG
画像は「serpentproject」より

 無数の糸のような触手が伸び、フワフワ漂う様子はまるで地球外生命体か神話の生き物か……。発見時に「フライングスパゲッティモンスター」とあだ名をつけられたこの物体の正体を解明するため、さっそく映像がイギリスにあるサウザンプトン国立海洋研究所に送られた。

 調査を行った深海生物研究の第一人者、ダニエル・ジョーンズ博士によると、謎の生物はクダクラゲの仲間である「マガタマニラ(Bathyphysa conifera)」だという。クダクラゲは、多数の個体が群体でクラゲを構成しており、マガタマニラは気胞体と呼ばれる頭部から幹群(かんぐん)と呼ばれる無数のヒモをぶら下げた姿をしている。

「Rhizophysid Siphonophore」 動画は「serpentproject」より

 よく見ると糸状の短い触手や生殖体もみられ、名前の由来は所々にポッコリ付いている勾玉(まがたま)状の栄養体からきているという。まるでガラス細工のような美しさで知られるカツオノエボシと同じくボウズニラ亜目という分類に属しており、もし刺された場合には激痛を伴うようだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。