>  > 「モナ・リザ」の微笑みの謎がついに解明される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
Mona_Lisa,_by_Leonardo_da_Vinci,_from_C2RMF_retouched.jpg
画像は、『モナ・リザ』Wikipediaより

 研究者の間で「捉えきれない微笑(uncatchable smile)」と呼ばれるあのモナリザの魅惑的な微笑み。角度によって見え方が変わるあの微笑みが、偶然の産物か意図的なものなのかは、研究者の間でもしばしば議論されてきた問題だ。しかしここへきてついにこの謎が明らかになったという。

 8月5日付のイギリスのデイリーテレグラフ紙によると、あの微笑みは、ダ・ヴィンチが絵画的技術や錯視効果を駆使して“意図的”に描いたものであることが、シェフィールド・ハラム大学とサンダーランド大学研究者たちによって判明したという。

 この発見は、ダ・ヴィンチ自身がモナリザを描く以前に描いた「ラ・ベラ・プリンチペッサ」の口元にも同様の技法が駆使されていたことが判明したことに起因する。

Mona_Lisa0903.jpg
画像は、「Daily Mail」より。ラ・ベラ・プリンチペッサ

 モナリザは、正面から口元を注意深く見つめると、決して笑っているようには見えないが、視点を口元からほかの部分へ移したり、全体を眺めたりするようにすると途端に微笑が浮かび上がる。

 これは「スフマート」と呼ばれる絵画技術で、人間の視野に関する科学的な見解に基づいて考えられたものだ。巧妙にブレンドされた色で輪郭を微妙にぼかしていくことで、絵を見る視点によって形状が変化する効果があるのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。