>  >  > 次々と姿を変える「変形発光体UFO」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 UFOと聞いて多くの読者がまず思い浮かべるのは、地球外知的生命体を乗せたメタリックな円盤型宇宙船の姿だろう。しかし、次々と形を変える奇妙な発光体も、世界各国に出現する代表的なUFOのひとつであり、研究家のスコット・ウェアリング氏によると毎年7~8月にかけて目撃例が集中するという。微生物のような有機的な形、そして空中を漂いながら輝くその様は、星と見間違われるケースも多い。今回、アメリカに出現した最新の変形発光体を捉えた動画を紹介しよう。

動画は「YouTube」より

 夜明け間近の空を浮遊する、黄色い光。一体これは何の星だろうか? ズームして見てみると――まるで顕微鏡で覗いた微生物のような姿をしているではないか!! 奇妙な発光体の表面は幾何学的な模様で覆われ、シルエットは球体や円盤型ではない。しかも、わずかな時間で次から次へと姿を変えていく。あまりにも不思議な、まさに変形発光体タイプのUFOである。

ShapeShiftingUFO.jpg
画像は「YouTube」より引用

「YouTube」上で公開された本動画の解説によると、撮影日は公開日と同じ今月12日、目撃場所はニューヨークにある投稿者の自宅だったという。その日、奇妙な夢で目が覚めてしまった投稿者。すると夜明けも近い午前5時ごろ、何者かが自分を凝視している感覚に襲われたという。それは、まるで窓ガラスを突き抜けてくるビームのようだった。そこで窓越しに北東の空を見上げると、そこには奇妙な発光体が。すぐさまカメラを手に取り、映像に収めたとのこと。発光体の出没は、実に20分以上に及んだ模様だ。

関連キーワード

UFO

コメント

2:匿名2015年9月23日 16:57 | 返信

こんな映像をUFOとするのは?
単なる星のピンボケ動画でしょ。
TOCANA大丈夫か!

1:匿名2015年9月17日 10:28 | 返信

金星がカメラのズームと薄雲でこう見えているだけ。
スコット・ウェアリングのお墨付きは、有機栽培のシールと同じレベル。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。