>  > 元少年Aからメールの返事がきた「僕の抱える異常性」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

元少年A

,

渋井哲也

,

社会学

,

絶歌

~【ジャーナリスト渋井哲也のひねくれ社会学】都市伝説よりも手ごわいのは、事実だと思われているニセモノの通説ではないだろうか? このシリーズでは実体験・取材に基づき、怪しげな情報に関する個人的な見解を述べる~

0918zekka_main.jpg
※イメージ画像:『絶歌』(太田出版)


 1995年に起きた神戸連続児童殺傷事件で医療少年院に入った元少年A(32)が公開したホームページに掲載されていたメールアドレスにメールを出したところ、本人から返信があった。

 メールが届いたのは10月12日だ。件名は「元少年Aです」というシンプルなものだった。内容はブロマガ「元少年Aの“Q&少年A”」を始めた、というもの。Fc2のサービスで、配信は隔週月曜日。月額800円の有料のブロマガだ。そのブロマガの中で、私がメールで送った質問に対する返信もしているという。(ちなみに、メールそのものに返信内容はなかった。)

 月額800円という設定はオンラインのサービスの中では高額なものだ。「堀江貴文のブログでは言えない話」や「石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』」、「世田谷ベース ライブラリー by所ジョージ」「谷川俊太郎のポエメール デジタル」などと一緒の設定。とても強気の値段設定だ。

 ブロマガのトップには「おはようございます。元少年Aです。晩秋の朝、御目覚めはいかがですか?」との挨拶文があり、ナメクジを抱っこするイラストや触覚のポーズをとるイラストが描かれている。さらに、ブロマガを発行した理由について、こう説明している。  

ホームページ上にFAQコーナーを設けようかとも思ったのですが、想像に反して真摯な内容のメールが多かったため、誰でも気軽に覗けるホームページ上ではなく、元少年Aとよりディープに、魂の触角と触角が絡み合うようなやり取りができるよう、新たに別の場所を設けることにしました> ブロマガ「元少年Aの“Q&少年A”」より引用


■渋井哲也への返信

 早速ブロマガを見てみると、私への返信が一番最初に書かれていた。

 私だけでなく、多くのメディア関係者もメールを出していると聞いていたが、まさか私が1番最初に返信がくるとは……。ちなみに、ヤフー個人でコラムを掲載している新潟青陵大学の碓井真史教授の名前もブロマガに記され、元少年Aに宛てたメールと、その返信が記されていた。そのほか、『絶歌』やホームページの読者から届いた質問や感想にも答えていた。

 ちなみに、こうしたかたちで差出人のメールとその返事がブロマガに掲載されることは、元少年Aからのメールが届くまで知らなかった。とはいえ、メールで取材依頼をすることも多い私の場合は、ネットや第三者に内容を晒される場合を常に想定して送っているので、今回のようなことがあっても特に文句もないわけだが……。

関連キーワード

コメント

2:匿名2017年11月 6日 04:17 | 返信

遺族が加害者の母親の様子を書いたのは、加害者の母親が自分達は何も知らないないと、主張しまくってたことの反論ですよ。

被害者家族は事件の出来事を書いてて、加害者の母親は自分達の家庭は普通だったみたいな内容。

かたや、ナメクジ殺し大好きおっさんは、子どもの頃と変わらずオナニーの内容の文章。

これを被害者家族の本の内容と比べられても、、
被害者家族が加害者側の言動を本に少し書いたことと、ナメクジ殺し大好きおっさんが延々しつこ~く本とネットで(直接でなくとも被害者を殺して感じたことを)書くことは全然、対等じゃないって。

本を出せるしブログも書けるけど、書いていいと世間は思わないだけ。
被害者家族は子どもを殺されて、加害者家族や加害者は自業自得だから、対等じゃないってこと。

本に書かれた被害者はどうなる。そもそも怪我をおわされて、殺された被害者の子達はどうなるの。
その考えで言えば、加害者も自分や自分の子を同じ目に合ってからだったら本出す資格はあるかも。
本当の意味で対等なら、時間巻き戻して、被害者に危害を加えない人生送った上で、対等。

被害者家族と加害者家族とナメクジ殺し大好きおっさんだけの問題にすり替えないでね。

本やブログは違法じゃないけど、更生した人間ならしない倫理観について非難されてるの分かんないだろうね。

ちなみに、加害者の母親は、近所の人や教師が、ナメクジ殺し大好きおっさんが子どもの頃、猫や虫を殺していたのを教えても、加害者家族は「気付かなかった」人間でした。
近所で動物虐待が噂になっても、ナメクジ殺し大好きおっさんが、猫にぶつけていた石が隣の家の屋根部分に積み上げられていても、自分の息子の仕業だとは「自分だけ」知らなかったそうです。

だから、行方不明の子どもの家に上がり込んどいて、たまごっちピコピコできる家族なんでしょうね。

1:けい2015年10月19日 15:48 | 返信

こんにちは。A氏のブロマガ閉鎖されてしまいましたね。面白そうだったのに残念。
ところでジャーナリストの方についてかねてから不思議に思っている事があるのです。たとえば草薙厚子さんが少年Aの矯正について色々と書いていらっしゃいますが、たとえば恋愛だとか自慰行為のようなプライバシーに関わることを、本人の許可なく書いてもいいものなのですか?また、遺族の方は書いてほしくなかったとおっしゃいますが、ご自分も犯人でもない少年Aの母親について書いている、それは本人の許可をとったわけじゃないですよね。それが許されるなら、A氏が自分の行動について書くのがいけないと非難できないのでは?ご遺族の恨み悲しみを再び掻き立てた、そのお怒りはもっともだと思いますが、ジャーナリストも遺族も良くて、犯罪者自身が書くことだけは絶対にダメ、という世論がいまひとつ腑に落ちません。だいいち、第三者があれこれ考察したものが、本人の主観にまさるとほんとうに言えるのでしょうか?
以上、乱文失礼しました。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。