>  >  > 死亡例も!日本近海の猛毒を持つ海洋生物5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1512_poison_01.jpg
ヒョウモンダコ。画像は、「Wikipedia」より

 体長僅か10cm程度でありながら、フグの1,000倍の毒を持つといわれるヒョウモンダコ。温暖化の影響からか、近年広いエリアで見られるようになっている。元来、日本にほとんど生息していなかったにも関わらず、東京湾や鳥取県などでも発見が相次いでおり、恐れている人は多い。では、ヒョウモンダコの他に、注意が必要な毒を持つ海洋生物には、どのようなものがいるだろうか。

●ハナブサイソギンチャク(Actinodendron arboreum)
 沖縄県のサンゴ礁の砂地や、子どもが入れるほどの浅瀬にも生息する、ハナブサイソギンチャク。触手の刺胞球中には長い刺胞が無数にあり、皮膚に刺さると鋭い痛みに襲われ、赤く腫れて火傷のようになってしまう。また神経毒のため、麻痺したり、呼吸困難に陥ることも。ただ、つま先で小突いてやるとすぐに穴に引っ込むので、マリンシューズなどを履いているのであれば、チョンと蹴飛ばそう。

1512_poison_02.jpg
画像は、「Wikipedia」より


●イラモ(Stephanoscyphus racemosus)
 海藻のような風貌でありながら、エフィラクラゲ科に属するイラモ。和歌山県南部や沖縄県など、暖かい海に分布し、岩場でも普通に見られる。ラッパ型の花のようなポリプ(触手を広げるもの)に鞘があり、縁には細い触手がたくさん生えており、これが痛みや水泡、痺れや脱力感を引き起こす毒を持つ。手袋をした状態で触っても、繊維をくぐって刺さる可能性があるので、興味本位で手を伸ばすのはやめておきたい。

1512_poison_03.jpg
画像は、「環境省」より


●キタマクラ(Canthigaster rivulata)
 食べれば死亡=「北枕に寝かされる」ということから名づけられたキタマクラ。その名のとおり、皮膚に強毒を持つほか、肝臓や腸にも毒を持っている。もちろん食用としては認められていないが、今年7月、「カワハギと間違え、自宅で処理して食べてしまった」という人がTwitter上に現れ、プチ話題となった。しかし、命に別状はなかったとのこと。何より。

1512_poison_04.jpg
画像は、「Wikipedia」より

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。