>  >  > 卑猥なものも!? 世界の奇怪植物5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1512_5plants_01.jpg
ラフレシア。画像は、「Wikipedia」より

 世界最大の花として、また便所のような匂いを発することで知られるラフレシア。発見された当時は、あまりのインパクトに「人食い花では?」と恐れられたそうだ。果たして、そのラフレシアを超えるような植物は、他に見られるのだろうか。


●ハナイカダ(Helwingia japonica)
 葉の中央に花が咲き、黒く輝く実もつける珍しい植物・ハナイカダ。筏(いかだ)の上に花が乗っているように見えるから、そう名づけられた。また、嫁ぎ先で悲しみに暮れる女性の涙が、葉に落ちたと思われたことから“ヨメノナミダ”とも呼ばれる。名づける人はみな想像力が豊かだ。筆者は“カクレミッキー”にしか見えなかった。

1512_5plants_02.jpg
画像は、「Wikipedia」より


●リュウケツジュ(Dracaena cinnabari)
 樹齢5,000~7,000年にもなる長寿の植物で、セコイア、セイタカユーカリと並び、“世界三大巨樹”と言われるリュウケツジュ。その見た目もさることながら、特筆すべきは古代ローマの時代から薬用や染料として珍重されてきた、真っ赤な“竜血”と呼ばれる樹脂が採取できることだ。ただ、木から溢れ出るさまは、竜血というより“流血”。血に弱い人なら卒倒してしまうだろう。

1512_5plants_03.jpg
画像は、「Wikipedia」より


●テマリカタヒバ(Selaginella lepidophylla)
 メキシコなどの高地に自生するテマリカタヒバ。乾季になると乾燥し、茶色く枯れたように丸くなってしまうが、あら不思議。雨季に入ると葉を広げて元通りになる。50年でも100年でも、丸くなった状態で生きていられるとも言われるそうだ。その結果、ついた呼び名が“復活草”。なぜかわからないが、カップラーメンが頬張りたくなる。

1512_5plants_04.jpg
画像は、「Wikipedia」より
動画は、「YouTube」より
人気連載

【実話怪談】時計が止まったとき ― “祓えんほど強か念”が円満夫婦を恐怖に陥れる!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

【廃墟】祠やお稲荷さまの「墓場」を青森県で発見! 取材中に謎の男と遭遇し、トンでもなく不吉な事態に…!

撮影=酒井透  青森県つがる市にある「高山稲荷神社」。この神...

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。