>  >  > 「重力波」初観測であらゆる超常現象が解明へ?【後編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
LIGO_2.jpg
画像は「LIGO」より引用

 今月11日、米・カリフォルニア工科大学やマサチューセッツ工科大学の研究者などから構成される研究チーム「LIGO(ライゴ)」が、アインシュタインが一般相対性理論で100年前に存在を予言した「重力波」の観測に成功したことを発表、世界に衝撃が走っている。チームによると、史上初めて観測された今回の重力波は、昨年9月14日に地球から13億光年離れたところにある2つのブラックホールが合体した時に生じたものだという。

 重力波とは、ブラックホールや中性子星などの極めて重い物体が激しく運動するときに周囲の時空に歪みを起こし、それがさざ波のように伝わっていく現象のことだ。重力波の観測によって、光や電波で直接見ることのできないブラックホールの動きを知ることができるようになるほか、ビッグバンによる宇宙誕生の様子などを含むさまざまな宇宙の謎が解明される可能性が大きく高まる「ノーベル賞級の成果」だという。しかし重力波初観測の影響は、それだけに留まるものではない。

 前編では、オカルト界において重力波の存在が超常現象を解明する鍵として考えられてきたこと、さらには、未来の人類が重力波を自らの手で生み出し、制御する技術を確立すれば、もはやオカルトがオカルトではなくなることを論じた。

LIGO2.jpg
画像は「The University of Chicago」より引用


■まったく新しい“宇宙像”の幕開け

 では、重力波の存在を知ってしまった私たちには、具体的にどんな超常現象を解明できる可能性があり、今後どのように宇宙を捉えるべきなのか? トカナでお馴染みのサイエンス・ライター、川口友万氏(「サイエンスニュース」編集長)はトカナ編集部に対して次のようなコメントを寄せた。

「今回の重力波検出によって、ブラックホールや中性子星の構造、運動する巨大質量が空間に及ぼす影響などが実際に観測可能になり、天文学は大きく進歩するでしょう。しかし何よりも、今の私たちの“宇宙像”が大転換する可能性があるのです」

「宇宙が巨大な爆発から始まったとする『ビッグバン理論』にはいくつものバリエーションがあり、そのひとつに『インフレーション理論』があるのですが、今回の観測によって、この理論が正しいかどうかがわかる日が近づいたともいえます」

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。