• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 先月19日、フランス・パリからエジプトのカイロへと向かうフライト中に忽然とレーダーから機影を消したエジプト航空MS804便――。機体と乗客66名に関する明確な物的証拠は未だ発見されず、謎を深める事態となっている。しかし先日、MS804便の失踪当日に付近をフライトしていたトルコ航空のパイロット2名が、イスタンブール上空で緑色に輝くUFOを目撃していたことが明らかになったのだ。


■トルコ航空のパイロットが緑色の光を放つUFOを2機目撃

 2014年3月8日に発生した航空史上最大のミステリー「MH370便失踪事件」から“804日”後の、2016年5月19日未明に起きたのがエジプト航空MS804便墜落事件だ。こちらもまた、MH370便と同じく極めて物証が少なく、今のところ謎だらけの一件だ。

may19ufosighting1.JPG
エジプト航空MS804便 画像は「Wikipedia」より

 一時は機体の残骸や搭乗客の所持品らしきものが見つかったと報道されたが、その後、同機のものではなかったことが判明し撤回された。フライトレコーダー(ブラックボックス)が発する信号はすでに検知されているというが、まだ実物は回収されておらず、捜索はほとんど進展していない。

 MH370便の二の舞になるのではないかという、いやな予感も漂いはじめたなか、トルコのメディアから衝撃のリポートが伝えられている。MS804便失踪当日の夜、付近を航行していたトルコ航空機のパイロット2名が、緑色に輝く“未確認飛行物体”を目撃していたのだ。

 トルコのメディア「Hurriyet Daily News」によれば、5月19日午後11時30分ごろ、イスタンブールのアタテュルク国際空港へ向かうトルコ航空の旅客機を高度約5,000mで操縦していたパイロット2名が、緑色の光を放ちながら機体上空を通り過ぎる2機の未確認飛行物体が存在したことを証言しているのである。

「不思議な緑色の光を放つ飛行物体が、我々の機体から600~900mくらい上空を通り過ぎ、突然消えました。いわゆるUFOだと思います」(同機パイロットとアタテュルク国際空港管制塔との交信記録より)

may19ufosighting2.JPG
Hurriyet Daily News」の記事より

 報告の30分後、このトルコ航空機は無事にアタテュルク国際空港に着陸した。記事によれば、トルコ・イスタンブールのシリウリからムーラ県のボドルムにかけての上空では、UFOの目撃例が特に多いということだ。しかしながら、トルコ航空当局は同日同時間帯、このパイロットが証言したような航空機はレーダーに確認されていないと発表している。いったい緑色のUFOの正体とは何だったのか? そしてMS804便の失踪には、このUFOが関わっているのか? 意外な方向からも謎が膨らむことになった。

関連キーワード

UFO

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。