>  >  > 人間の脳を持つ動物が誕生? “キメラ胚”研究

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

――科学分野だけではなく、オカルト・不思議分野にも造詣が深い理学博士X氏が、世の中の仰天最新生物ニュースに答えるシリーズ

 今月23日付の英紙「Mirror」によると、昨今、病気の治療や臓器再生の手段として人間と動物の“キメラ研究”が盛んになっているという。

Frankenstein.jpg
画像は「The Daily Mirror」より引用

■夢がある? キメラ胚の研究

 生物学でいうキメラとは、2つ以上の異なる遺伝情報を持つ細胞から作られた1個の生物個体を指す。広義では、接ぎ木された植物や異種間臓器移植を受けた動物もキメラに当たる。しかし今話題になっているのは、生物の初期発生段階にあたる胚でのキメラ作成。つまり、一部は人間由来、一部は他の動物由来という胚を作成することで、ハイブリッド生物を誕生させようとしているのだ。

 キメラ胚の研究は世界中で行われているが、その第一人者として知られているのが、スタンフォード大学の中内啓光教授(東京大学の教授も兼任)である。

 中内氏らは、この技術をiPS細胞を使った臓器再生に応用している。ES細胞やiPS細胞による再生医療研究は日々進歩しているが、試験管や培養皿の中では臓器の複雑な形を再現することができない。中内氏らの手法ではまず、膵臓を作れなくした遺伝子改変ブタの胚にヒト由来のiPS細胞を移植し、人間とブタのキメラ胚を作成する。この胚を子宮に移植して発育させると、子ブタはヒトの膵臓を持って生まれてくる。後は子ブタが成長し、膵臓が適切なサイズになるのを待つだけだ。

 難病に苦しみ臓器移植を待つ人々にとって、なんとも夢のある話ではないだろうか。

 しかしながら、この技術は様々な問題を孕んでいる。生物学に詳しいX氏はこう解説する。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。