ギンティ小林×市川力夫【1】!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
0721sinmimi_01.jpg
※イメージ画像:『新耳袋殴り込み 最恐伝説』

 怪奇現象を記録する心霊ドキュメンタリー『怪談新耳袋殴り込み!』シリーズ。同シリーズでは、“殴り込みGメン”と呼ばれる男たちが、数々の危険スポットに突撃し、あえて霊を登場させるために、霊に罵声を浴びせたり、悪ふざけでブリーフ一丁になってみたりと“さまざまな挑発”を繰り返し、心霊現象を撮影するべく奮闘する姿が描かれている。

 他の心霊映像とは一線を画し、異色とも呼ばれ、好評を博していた『怪談新耳袋殴り込み!』シリーズだったが、2013年にその歴史に幕を下ろすことになった。だが、そのGメンの中心人物として活動していたライターのギンティ小林氏と編集者の市川力夫氏がその後、自分たちで新たな心霊&ショック映像ドキュメンタリーの『スーサイド・ララバイ 決めてやる今夜』の製作に乗り出した!! 『殴り込み』シリーズを超える危険スポットに、たったふたりで突撃し、『殴り込み』を凌ぐ悪ふざけをしているという。なぜ、彼らは心霊スポットへの突撃を続けるのか、ふたりに真意をうかがった…。


──まず、心霊スポット突撃を始めた経緯を教えてください。

ギンティ小林氏(以下、ギンティ):簡単にいえば雑誌の企画だったんです。1999年にフェイク・ドキュメンタリー『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の特集が映画誌『映画秘宝』(洋泉社)で行われた時に、さまざまな心霊スポットに突撃するという企画の担当ライターとして僕が選ばれたんですよ。怖がりな僕をあえて心霊スポットに突撃させることで、面白い物ができるのではないかという意図も編集部にはあったんじゃないですかね。その名も『ブレア・ギンティ・プロジェクト』……。それで、実話怪談集『新耳袋 第四夜』(角川文庫)に収められている「山の牧場」を探すことになったのがきっかけですね。それを続けていくうちに、収穫めいたものもあったので、07年に『新耳袋 殴りこみ』(洋泉社)という書籍になり、その翌年に映像化の話が舞い込んできたんです。

市川力夫氏(以下、力夫):その映像化の半年前に、僕は洋泉社にアルバイトとして入ったんです。当時は大学生、そういうのは怖いながらも好きだったんですよね。


――おふたりとも、取材を通じて、さまざまな場所ですごい体験をされていると思いますが、中でもずば抜けて怖かった場所はどこでしょう?

ギンティ:書籍版では書いたんですけど、映像版で紹介されていない場所だと、福岡にある旧仲哀トンネルですね。1963年、連続強盗殺人犯の西口彰がふたりの男性を殺害した場所です。ちなみに西口彰は計5人の方を殺害した人物で、彼の生き様死に様は『復讐するは我にあり』という映画にもなっているんですよ。

力夫:その取材には僕が同行したんですけど、訪れる前に付近のコンビニに寄ったところ、そこにたまたま旧仲哀トンネルで心霊体験したことがあるという女の子がいたんですよ。数人で車に乗って旧仲哀トンネルに行ったら、怖がりの女の子がひとりだけ車から降りず、待っていたらしいんですが、彼女以外の人が中に入って戻ってみると顔面蒼白で、『みんなが入っていくのをトンネルの入り口上から親子が見ていた』、と話したそうなんです。殺人事件の被害者は男性ですけど、幽霊は子連れの女性。おそらく、この場所はバスの転落事故も起こっていたからだと思うんですけどね。

ギンティ:その話を聞いてから、真夜中にトンネルに着いたんですけど、とてもひとりで入れるムードじゃなくて……。

力夫:着いたらふたりとも膝が笑うどころか、爆笑しましたからね。だからもうひとかたまりのように密着して入ったんです。

ギンティ:そういう場所では必ず、ビデオカメラを回しながら突撃するんですけど、ある程度中に入った時に出口の方から『えーい』って、子どもが遊んでいるような声が聞こえたんですよ。そして、その声が聞こえた場所から少し歩いた時、突然ビデオカメラの電源が落ちたんです。

力夫:気持ち悪かったんですが、その時は深く考えずに、もう一回電源をONにして、子どもの声らしきものが聞こえた出口付近に行って誰もいないのを確認して、ホテルに戻りました。

ギンティ:こういう取材はホテルに帰ると、ビデオチェックをするのが恒例なんですよね。心霊スポットで記録できたかもしれない収穫はすぐに確認したいので。そしたら、ヘッドホンを使って音声を聞きながら、ビデオをチェックしていた力夫が、『あーーーっ』って叫んでビデオカメラを手から落としたんです。

 何事だと思ったら、震えながら、『ギンティさん、確認してください…』ってビデオカメラを差し出すんですよ。見てみると、トンネル内でビデオカメラの電源が落ちたって言ったじゃないですか。その直前に、まるでビデオカメラの前で囁くかのように女性の声で『やめて…』って記録されていて、その直後にブツッって電源が落ちているんです。

力夫:その『やめて』って声は、僕らが現場では聞いていないんです。ビデオカメラにだけ収録されていて…、あれは怖かったですねぇ…。

コメント

1:匿名2016年7月25日 12:53 | 返信

面白いです。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。