• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
RomanichildrenAuschwitz.jpg
画像は、Wikipediaより

 連日世間を騒がせている『ポケモンGO』だが、プレイ中のトラブルや事故の報告も枚挙に暇がない。その中には、ポケモンを見つけたはいいがどう考えてもゲームに興じるのが不適切に思われる場所も決して少なくないようだ。なんとあの“アウシュヴィッツ”にもポケモンが出現していたというから驚きだ。


■アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所でポケモンゲット!?

 7月6日にオーストラリア、ニュージーランド、アメリカで先陣を切ってサービスが開始された『ポケモンGO』だが、その後はヨーロッパ各国、カナダなどでも順次解禁。日本でも22日に配信が開始され話題を呼んでいる。もちろん、ドイツやポーランドでもブームになっているのだが、ご存知のようにこれらの国々にはナチス時代の強制収容所が各地に残っている。

 その中でも、ポーランドのアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所は、いわゆる“ホロコースト”の現場としても、最大級の犠牲者数を出した場所であるとされている。歴史を風化させないためにも、世界文化遺産として現在も保存・維持され見学も行なわれている同収容所だが、匿名の情報筋によれば、この“アウシュヴィッツ”で『ポケモンGO』をプレイし、現れたポケモンの“ラッタ”を捕獲したという証言がニュースサイト「NY Mag.com」で先日報告されている。

 記事では、施設内にある見学者向けの解説が表示されたボードの前に、ネズミ風のポケモンである“ラッタ”が登場した写真も掲載されている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。