>  >  > 3年以内に認知症を治すワクチンが完成する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 日本は世界一の高齢化社会であり、日本人の4人に1人が65歳以上だという。そして、この高齢化社会の大きな問題に認知症がある。日本の認知症患者数は2025年には700万人を突破し、65歳以上の5人に1人が認知症という事態が予測されるのだ!(2015年厚生労働省資料より)


■認知症とは?

「認知症」とは、簡潔にいうと「知能、記憶や見当識が後天的に低下した状態」を指す。「認知症」にはいくつかの種類があり、最も多いのはアルツハイマー型で認知症患者の半分を占め、その他にはレビー小体型(20%)、脳血管性(15%)などの種類がある。

 認知症の中で最も多いアルツハイマー型認知症は、脳にアミロイドベータやタウと呼ばれる特殊なタンパク質が蓄積し、その結果、正常な神経細胞が壊れて脳萎縮が起こることが原因と考えられている。

 また非常に興味深い調査として、「都市部が発展していて衛生状態がよい国では、そうでない国と比較するとアルツハイマー患者が多い」ことがわかっている。その理由として研究者は「清潔な国や都会の人間は土や動物を触る機会が減り、微生物との接触が少なくなる。その結果、免疫への刺激が失われ、免疫活性が弱まる。それがアルツハイマーの患者の脳で見られる炎症反応と強く関連する」と説明している。

dementiavaccine1.JPG
健康な脳(左)とアルツハイマー型認知症の脳(右) 画像は「Wikipedia」より

■認知症ワクチン

 オーストラリアも認知症患者の増加に頭を悩ませる国のひとつだ。オーストラリアの認知症患者数は35万人以上で、その多くがアルツハイマー型だ。治療法が見つからない限り、2050年までにオーストラリアの認知症患者数は90万人に達すると推測されている。

 そのオーストラリアでアルツハイマーの画期的な薬が開発された。開発者はフリンダース大学薬学部教授のニコライ・ペトロフスキー博士だ。教授は「オーストラリアン」紙のインタビューに答え、そのワクチンは後3年以内で完成する予定だと語った。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年9月22日 12:56 | 返信

これで認知症の介護苦が減れば介護者もかなり救われるし、深刻な後遺症さえなければとても期待したいね。大事な人たちのことを忘れていくのを見るのも、若いのに生活に支障があるレベルの若年アルツハイマーも身近な人なほど辛い

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。