>  >  > 米研究者「女性にオーガズムは不要」と断言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

オーガズム

,

ホルモン

,

女性器

,

科学

,

進化

orgasm_01.jpg
“イッたふりをするメグ・ライアン”「Daily Mail」より引用

 これまで、女性のオーガズムは生理学上の大きな謎とされてきた。というのも、女性はオーガズムがなくとも生殖可能だからだ。生物的に役に立たないから不要とは、いささか乱暴な物言いだが、なんと最新の研究によって、やはり女性のオーガズムは生理学的に不要だと結論づけられてしまったというのだ。


■女性のオーガズムは「設計ミス」

 まずは、研究者がどれほど女性のオーガズムに困惑しているかみてみよう。

女性は、セックスでオーガズムを感じなくても、容易に妊娠することができ、実際に妊娠している。また、オルガスムが受精、出生率、妊娠に影響を与えるという証拠はない」(米生物哲学者エリザベス・ロイド)
一般的には、オーガズムはセックスを促し、セックスの報酬であるとされているが、オーガズムを感じない場合もあることからすれば、それは設計ミスだというべきだ」(同)

 「設計ミス」とは、なんとも冷やかな発言だ。つまり、それだけ女性のオーガズムは科学的・合理的に説明できない摩訶不思議な現象だということだろう。

 このように、一流の研究者も頭を抱える「女性のオーガズム不要問題」であるが、遂に米イエール大学の研究チームがその謎を解明したと、8月1日付の英紙「Daily Mail」が報じている。詳しくみてみよう。

orgasm_02.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 通常、女性には排卵周期があり、“自動的に”排卵が行われる。しかし、多くの哺乳動物(例外は、犬、牛、ねずみ等)は自動的な排卵を行わず、性交時に特定のホルモン値が上昇することにより、オーガズムが引き起こされ、排卵に至るそうだ。このホルモンには「快感ホルモン(feelgood hormones)」や、「愛情ホルモン(オキシトシン)」が含まれているという。

 このことから研究チームは、古代では、哺乳動物と同じように人間の排卵にもオーガズムが必要だったのではないかと考えた。さらに、進化に従って生殖にオーガズムが不要になるにつれ、女性器にも変化が生じていった可能性があるという。

 研究者らによると、月に1度の排卵周期が定着するにつれ、古代女性と比べた場合、クリトリスの位置が徐々に生殖器の内側に移動していったという。そのため、性交時にクリトリスが刺激を受けづらくなり、オーガズムに達する機会も減っていったそうだ。

関連キーワード

コメント

4:匿名2016年8月 4日 04:57 | 返信

暑い日が続きますね…^^;

3:匿名2016年8月 3日 19:08 | 返信

重度の知的障害者を「設計ミス」というならまだ分かる(それでも酷い差別)
全世界の女性が激しい性感を得ることができる肉体である以上、
神から授かった自然体の肉体を「設計ミス」と
断言するのは非常に愚かである。

男と女の生物としての存在価値を冷静に見ることが出来ない研究者こそ、ヒトではない、オス猿並みの知能で発言しているとしか思えない。

むしろ「男は不要だ、女は不要だ」などという愚かな考え方になってしまう人類こそ地球にとって危険な存在であり、そういった人間こそ、研究解明・隔離される必要があるだろう。

2:匿名2016年8月 3日 18:49 | 返信

一見男尊女卑に思える内容だが、
性的快感に溺れる男性こそ原始的動物であり、
女性の劣化版人類であるとも言えるね。

そもそも高次元の宇宙の生命体などは自慰や性感などのみっともない行為はしない。
必要ない。

男性は女性の劣化した状態という研究発表と、重ねると、なるほどと納得する。

何千年後には男性にも性感がなくなり、
進化した人類になっているだろうね。

1:匿名2016年8月 3日 13:27 | 返信

この米研究者って何者?
実在するならまたキリスト右翼の連中ですね。
中絶禁止、オナニー禁止、精子は神聖なり!

「モンティ・パイソン人生狂奏曲「全ての精子は神聖なり」より抜粋」

全ての精子は有益で
全ての精子は素晴らしい
神は皆のを求めてる
僕のも、俺のも、私のも

異端者達よ汝のそれを
山野に丘にまき散らせ
さすれば精子を無駄にした
神の裁きが下るだろう

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。