米研究者「女性にオーガズムは不要」と断言! むしろ“イク女”は進化してない野蛮人!?

関連キーワード:

,

,

,

,

orgasm_01.jpg“イッたふりをするメグ・ライアン”「Daily Mail」より引用

 これまで、女性のオーガズムは生理学上の大きな謎とされてきた。というのも、女性はオーガズムがなくとも生殖可能だからだ。生物的に役に立たないから不要とは、いささか乱暴な物言いだが、なんと最新の研究によって、やはり女性のオーガズムは生理学的に不要だと結論づけられてしまったというのだ。


■女性のオーガズムは「設計ミス」

 まずは、研究者がどれほど女性のオーガズムに困惑しているかみてみよう。

女性は、セックスでオーガズムを感じなくても、容易に妊娠することができ、実際に妊娠している。また、オルガスムが受精、出生率、妊娠に影響を与えるという証拠はない」(米生物哲学者エリザベス・ロイド)
一般的には、オーガズムはセックスを促し、セックスの報酬であるとされているが、オーガズムを感じない場合もあることからすれば、それは設計ミスだというべきだ」(同)

 「設計ミス」とは、なんとも冷やかな発言だ。つまり、それだけ女性のオーガズムは科学的・合理的に説明できない摩訶不思議な現象だということだろう。

 このように、一流の研究者も頭を抱える「女性のオーガズム不要問題」であるが、遂に米イエール大学の研究チームがその謎を解明したと、8月1日付の英紙「Daily Mail」が報じている。詳しくみてみよう。

orgasm_02.jpg画像は「Daily Mail」より引用

 通常、女性には排卵周期があり、“自動的に”排卵が行われる。しかし、多くの哺乳動物(例外は、犬、牛、ねずみ等)は自動的な排卵を行わず、性交時に特定のホルモン値が上昇することにより、オーガズムが引き起こされ、排卵に至るそうだ。このホルモンには「快感ホルモン(feelgood hormones)」や、「愛情ホルモン(オキシトシン)」が含まれているという。

 このことから研究チームは、古代では、哺乳動物と同じように人間の排卵にもオーガズムが必要だったのではないかと考えた。さらに、進化に従って生殖にオーガズムが不要になるにつれ、女性器にも変化が生じていった可能性があるという。

 研究者らによると、月に1度の排卵周期が定着するにつれ、古代女性と比べた場合、クリトリスの位置が徐々に生殖器の内側に移動していったという。そのため、性交時にクリトリスが刺激を受けづらくなり、オーガズムに達する機会も減っていったそうだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ